住宅ローン問題を解決する暮らしの相談窓口 住宅ローン問題を解決する暮らしの相談窓口

相談は無料
相談は無料

0120-281-660受付時間 10:00〜20:00(土日祝可)

離婚で自宅を任意売却!?タイミングや売る方法を解説!

離婚を機に、自宅の任意売却を検討される方もいらっしゃるでしょう。

しかし、任意売却を行うにもタイミングや方法が分からないと、さまざまなトラブルになる可能性があります。

そこで、今回は離婚で自宅を任意売却する方に向けて、タイミングや売る方法についてご紹介させていただきます。

 

離婚で自宅を任意売却するタイミング

自宅を任意売却するタイミングとしてオススメなのが、離婚成立前です。

離婚後に任意売却をする場合に起こりがちなことが、相手と連絡が取れないという問題です。

離婚成立前は話し合いを行うものの、離婚後には相手を忘れるために接触を避けようとするケースが多々あります。

そうすると、連帯保証人や連帯債務などの問題の解決は困難になるでしょう。

このような問題が起こる可能性が高いため、任意売却を行う場合には離婚成立前がオススメです。

 

離婚で自宅を任意売却するメリット

離婚時に、自宅を夫婦のどちらが所有するのか、住宅ローンの残債の支払いをどうするのかという点は、トラブルの原因になりやすいものです。

トラブルを回避するためにも、任意売却で自宅を手放し、売却で得た資金で住宅ローンを完済させると安心できるでしょう。

このように離婚の際に任意売却を行うことで、離婚の手続きで起こるトラブルの要因を1つなくすことができるというメリットがあります。

 

離婚で自宅を任意売却する方法

任意売却を行う場合、まずは金融機関への相談と不動産会社に価格の査定依頼を行います。

任意売却は、住宅ローンの債権者である金融機関の承諾を得られなければ話を進めることができません。

また、任意売却を行っても住宅ローンの完済が困難な場合には、承諾を得ることは難しいでしょう。

そのため、住宅ローンの残債と、自宅の売却見込み金額の確認を行います。

これらの条件がクリアされたら、正式に不動産会社に依頼を行い、買主を探してもらいます。

買主が見つかり次第、売買契約の締結、物件の引き渡しを行って任意売却の手続きが完了です。

通常の不動産売却と異なる点として、金融機関の承諾が必要なことと、任意売却を行うための条件があることが挙げられるため、事前に把握しておきましょう。

 

まとめ

今回は、離婚で自宅を任意売却する際のタイミングや売る方法についてご紹介させていただきました。

離婚の話し合いではさまざまなことが原因でトラブルに発展する可能性があります。

そのトラブルを1つなくすという意味でも、任意売却は有効な手段だといえるでしょう。

また、任意売却には時間が必要になるため、早い段階でご相談いただくことをオススメします。

任意売却は、通常の不動産売却とは異なり、専門的な知識が必要なため、解決実績が豊富な株式会社ライフリノベーションにご相談ください。

 

株式会社ライフリノベーションは「誰のため、何のため、人生再建への正直提案」をモットーにしています。あなたに適した解決提案を第一に考え、日々住宅ローン問題解決に真剣に取り組んでおります。

住宅ローン滞納・返済が苦しい方は、愛知・名古屋の任意売却専門会社、問題解決実績800件以上の株式会社ライフリノベーションの無料相談をお気軽にご利用ください。あなたの住宅ローン問題を解決まで導くことをお約束いたします。

LINE・メールでの無料相談を24時間受け付けております。

日中は電話相談もご利用ください。

離婚から生じる住宅ローン問題はこちらをクリック

住宅ローン問題を0円で早期解決「任意売却」はこちらをクリック

会社概要はこちらをクリック