名古屋の方必見!任意売却にかかる費用を抑える方法を伝授します!

「任意売却を考えているが、費用がどれくらいかかるか分からない」
「任意売却にかかる費用はなるべく抑えたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
任意売却を考えていても、実際にどれくらい費用がかかるかは知らない方が多いと思います。
お金がないため任意売却するのに、それにお金がかかっては元も子もないですよね。
今回は任意売却にかかる費用と、その費用をなるべく抑える方法を、名古屋の専門家がご紹介します。

□任意売却にかかる費用

任意売却にかかる費用は、よく0円と広告されます。
もちろん以下で説明する諸費用はかかるのですが、売却代金から捻出できるものが主です。
つまり、「実費負担」が0円ということです。
当社をご利用の場合も、お客様の実費負担は0円です。
諸費用についてご紹介します。

*仲介手数料

仲介手数料は、当社のような不動産会社が仲介時にいただく費用です。
この費用は売却代金で清算できます。

*滞納した税金

固定資産税や住民税を滞納している場合も、売却代金で清算できます。

*抵当権抹消費用

抵当権を抹消するときにかかる費用です。
こちらも売却代金で清算できます。

*滞納した管理費など

マンション管理費などを滞納していた場合、この代金も売却金額で清算できます。

*弁護士費用

任意売却を弁護士に依頼すると、別途弁護士費用を請求される場合があります。
これは売却代金から清算できないので、実費負担となります。
依頼される場合は食い違いがないようにしっかり話し合うことをおすすめします。

□費用を抑える方法

上で紹介した費用は、弁護士費用以外はどうしてもかかってしまう費用です。
しかし、他にも関連した費用はあり、こちらの費用は抑えられます。
例えば打ち合わせや契約などで、合計すると交通費が多くかかる場合があります。
近い場所に相談先が見つかれば良いですが、そうでない場合は打ち合わせ場所などで自宅を指定しましょう。
また代金決済では、買取人が指定する金融機関に行く必要があるので、例えば名古屋から東京に行く場合もあります。
これは業者を代理人にして、代理決済を行えます。
このように、ちょっとした工夫で数万円の節約になる場合もあるので、ささいなことでも業者に聞いてみると良いでしょう。

□まとめ

今回は任意売却にかかる費用と、費用を抑える方法をご紹介しました。
実費負担は0円で、交通費など他の費用は工夫次第で減らせます。
当社では、任意売却についてのご相談を随時受け付けております。
任意売却の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。