任意売却会社の選び方

任意売却とは、住宅ローンの支払いが困難に陥った時、住宅ローンを借りている人(=債務者)と、金融機関(=債権者)との話し合いの元、不動産業者が間に入って市場価格に近い価格で家を売却する手続きのことをいいます。

任意売却と競売はともに、住宅ローンなど金融機関から借りたお金が全額返済できない状態で不動産を手放すことを言いますが、競売の場合、全ての意思決定を裁判所が行うため債務者が何もしなくても手続きが進んでいきます。しかし、任意売却の場合は債権者との交渉や各種手続きなどの手間がかかります。債権者との交渉や各種手続きはとても複雑な対応となり、多くの専門知識を要しますので、債務者が自分で行うことは困難であり、任意売却会社に依頼するケースがほとんどです。しかし、任意売却会社に依頼しても、依頼業者を間違えると、予想以上に時間がかかったり、債務者や買主との話がこじれてしまうことがあります。

では、任意売却はどこの業者に依頼すればいいのでしょうか?

今回は、任意売却会社の選び方について解説していきます。

①豊富な実績があるか


任意売却は、債務者と金融機関、買い手との話し合い次第で、結果が大きく変わります。すこしでも良い条件で話をまとめ、依頼者の負担を軽くするためには、豊富な実績で培った交渉力が必要不可欠です。過去の取引実績や設立年数が浅い業者の場合は、対応力に不安があるかもしれません。

②大切なのは交渉力


任意売却は通常の不動産売買とは異なり、住宅ローンが残った状態での取引になるので、お客様の状況・金融機関の考え方・税金の差押先・マンション共益費の滞納先など、各債権者に対して解決に向けた交渉力が必要となります。ケースによっては、弁護士・税理士・司法書士・ファイナンシャルプランナーとの連携も必要となります。

③手数料に不透明な点はないか

任意売却には、通常の不動産取引と同様に売却にかかる費用が発生しますが、売買代金からの清算が可能になっています。そのため、債務者が負担する費用は一切ありません。しかし債務者の知識不足につけ込んで、法外な手数料を請求する悪徳業者も、中にはいるようです。このような根拠のないお金の話には注意が必要です。このような会社に任意売却を依頼すると、後々トラブルの発端になりかねません。そのため、任意売却にかかる費用について、きちんと説明できない会社は避けた方がいいでしょう。

④任意売却後のアフターサポートは充実しているか


任意売却で自宅が売却できたとしても、手元には住宅ローンの残債務が残るケースがほとんどです。任意売却が終了する前に引越しをしなければなりませんし、残債の支払いが生活を再び圧迫してしまう状況では、新たに新生活をスタートすることができません。任意売却の手続きは熱心にするけれど、任意売却後は引越先の紹介や引越し費用の交渉をしてくれない、残債務の分割返済交渉に精一杯取り組んでくれないなどの任意売却会社は避けた方がいいでしょう。そのような会社を見極めるためにも事前に任意売却後のサポートはご確認いただいた方が賢明です。

上記4点が挙げられますが、まずは無料で相談に応じてくれている会社で、いろいろと話を聞いて総合的に判断することをお勧めします。

ライフリノベーション

株式会社ライフリノベーション
弊社ライフリノベーションは任意売却に特化した不動産仲介業者です。
弊社はお客様の求めるより良い先を共に見つけていくことを心がけています。
お客様の思いは十人十色です。私どもはその思いに沿ったご提案をすることをお約束します。
当社『ライフリノベーション』について
任意売却で問題を解決されたご相談者様の声はこちら