住宅ローンを払えない場合の知恵袋!

病気や家庭の事情などで、住宅ローンの支払いが厳しくなるケースがあります。

住宅ローンは、今住んでいる家の残債を分割で支払っているため、支払いが滞ってしまうと住む場所に困ってしまいます。

では、住宅ローンを払えない場合は、どうすれば良いのでしょうか。

実は、住宅ローンの支払いに困った時の対処法があるのです。

今回は、住宅ローンを払えない場合の知恵袋をご紹介します。

 

金融機関へ相談

まずは、住宅ローンを借り入れた金融機関に、返済条件の見直しを依頼してみましょう。

住宅ローンの返済には、毎月の返済に加えて、ボーナス払いを設定している方が多くいらっしゃいます。

そのようなボーナス払いの変更手続きは、金融機関で受け付けている場合が多く、中には手数料が発生しないという金融機関もあります。

また、住宅ローンの支払いについて計画することを、リスケジュールといいます。

リスケジュールでは、月々の返済額を減らしたり、一定の期間のみ利息だけの支払いにしてもらうことが可能です。

リスケジュールにより月々の負担は減りますが、減らした分だけ返済期間も延びるので、慎重に検討しましょう。

 

リースバックを利用

リースバックとは、リースバック運営会社に家を売却し、賃貸としてそのまま家に住み続けるという方法です。

リースバックを利用すると、今住んでいる家を借りることになるので、月々の支払いが一定になります。

また、家の所有権がリースバック運営会社に移るため、基本的に家の修繕費・維持費などが発生しないので、突然の出費を抑えることが可能です。

 

家を売却する

今の家を手放しても良いと考えている時は、家を売却することも一案です。

家を売却して、売却資金を住宅ローンの支払いに充てることで、住宅ローンが支払えない問題を回避することができます。

しかし、家の売却価格が住宅ローンの残債よりも少ない場合は、残債を一括で支払う必要があるので、注意しましょう。

その場合は、任意売却などで残った住宅ローンを分割で支払うことになります。

 

まとめ

住宅ローンの支払いは、基本的に長期間発生します。

そのため、支払いの途中で何が起こるかは分かりません。

例えば、病気や転職などで収入が安定せず、住宅ローンの支払いが難しくなる場合があるかもしれません。

支払いが難しいと思った時は、金融機関に相談したり、リースバックの利用を検討したりしてみましょう。

早めに対処することで、選択肢が広がるため、まずはプロに相談してみましょう。