任意売却(任売)のデメリットとは

任意売却(任売)とは、競売物件となりうる前に市場相場で物件を売却する方法です。

一般的に任意売却は競売に比べ、売却価格が高値で売れる可能性があったり、余剰金が手元に残るなど、多くのメリットがあると言われます。しかし、任意売却をすることで全てメリットを得られるわけではありません。
任意売却のメリットはこちら

実際に任意売却を行う場合には、手続き後に生じるデメリットも事前に理解しておく必要があります。

任意売却前にデメリットの部分をきちんと把握しておらず、いざ手続きとなってから困ってしまうことがないように、今回は任意売却のデメリットについて解説していきます。

任意売却(任売)のデメリットとは


◆手続きや交渉の手間
競売の場合、全ての意思決定を裁判所が行うため債務者が何もしなくても手続きが進んでいきます。一方、任意売却の場合は債権者との交渉や購入希望者の自宅内覧、各種手続きなどの手間がかかります。
また、任意売却会社に依頼しても、依頼業者をを間違えると、予想以上に時間がかかったり、債務者や買主との話しがこじれてしまうことがあります。
任意売却会社を選ぶなら、債権者との交渉は誰がやるのか?という点についてよく確認した上で、数多くの実績があり、専門スタッフのいる業者をお選びください。

◆時間に限りがある
債務者から住宅ローンの返済が滞ると銀行または保証会社は法的手続き(競売)で、貸付金を回収しようとします。競売は一旦申し立てると、自動的に手続きが進んでいき、強制的に不動産が売却されてしまいます。任意売却は、この競売が完了するまでの間に成功させる必要があります。売買価格と債権者の求める金額の開きが大きく折り合いがつかない場合や債権者が任意売却をなかなか許可しないなど期間までに間に合わない場合、競売での強制売却となってしまいます。

◆成功するとは限らない
不動産売却価格は債権者の同意を得る必要があります。また、保証人がいる場合は、保証人の同意も必要です。
銀行や信用金庫などの金融機関によっては任意売却を認めてくれない場合もあります。保証人などが行方不明で見つからない、連絡が取れない場合には、同意を得られることが難しいです。最終的に債権者と保証人の同意が得られない場合には任意売却ができません。

この場合、連帯保証人に迷惑がかからないように任意売却したいという人も多いですが、基本的には連帯保証人への迷惑を避けて任意売却を処理することは不可能です。そのため、良い任意売却会社の場合は、連帯保証人への迷惑を最小限に抑える処理を行っています。
また、競売で処理された場合と比べると、連帯保証人にかかる迷惑は任意売却の方が軽く済みます。

◆購入希望者の訪問
一般の売却同様、購入希望者に室内を見学させる必要があります。居住中の場合は、購入希望者の数だけ内覧に立ち会わなければなりません。

◆元妻、元夫と連絡を取らなければならない
全員の方が当てはまるわけではありませんが、任意売却の同意を得るため、別れた妻または夫に連絡を取らなくてはなりません。場合によっては、直接会わなければならないこともあります。ただし、お互いの同意を得て、不動産業者が取り持つケースが殆どです。

以上が任意売却のデメリットになります。
任意売却を行う場合、事前にきちんと把握しておいてください。

参考:任意売却後に残債はどうなる?

ライフリノベーション


弊社ライフリノベーションは任意売却に特化した不動産仲介業者です。
弊社はお客様の求めるより良い先を共に見つけていくことを心がけています。
お客様の思いは十人十色です。私どもはその思いに沿ったご提案をすることをお約束します。
当社『ライフリノベーション』について
任意売却で問題を解決されたご相談者様の声はこちら