任意売却(任売)の費用はいくらかかるのか?

任意売却(にんいばいきゃく)とは、住宅ローンが払えなくなった時に、住宅ローンを借りている人(=債務者)と、金融機関(=債権者)との話し合いの元、不動産業者が間に入って市場価格に近い価格で家を売却する手続きのことをいいます。

では、今回は実際に任意売却をするにあたってどれくらいの費用がかかるものなのか解説していきます。

任意売却にかかる費用


任意売却は通常の不動産取引と同様に売却にかかる費用は発生します。
しかし、こちらの費用は、お客様の住宅ローン借入金融機関より売却費用から控除されますので、実質お客様の持ち出し費用は不要となります。

一般的に不動産取引場合、売却時に借入金を全額返済しなければならないので、売却した金額よりも、ローン残高の方が高い場合には債務者の自己資金から費用を捻出しなくてはなりません。

一方、任意売却の場合は、売却する代金から必要経費の経費を支払った後、銀行に返済することになります。
つまり、不動産取引は借入金を全額返すことが基本となりますが、任意売却は売価から経費を差し引いて、その残金が返済の対象となるのです。

したがって、もし任意売却を検討されている方で、売却に伴う必要経費がないと諦めている方は、一度ご相談ください。また、滞納している税金・マンション共益費といった費用も精算できるケースもございますので、まずは業者へ相談してみましょう。弊社ライフリノベーションでも、相談料は無料なのでお気軽にご相談ください。
ライフリノベーションの会社案内はこちら

費用の内容


では実際に任意売却を行う上でかかる費用の内容を紹介します。

・不動産仲介手数料
・抵当権抹消費用
・税の差押解除料
・残置物撤去費
・後順位担保権者の担保権解除料
・マンション滞納管理費・修繕積立金等

これら費用が売買代金から精算ができる可能性があります。
これ以外にも控除できる内容もありますので、詳しくは弊社までお問い合わせください。

引越代や当面の生活費がもらえる場合も


任意売却の場合、交渉次第では、不動産売却代金から引越代や当面の生活費が得られる場合があります。しかし、これは交渉が成立した場合で、必ず得られるお金ではありません。
交渉が成立した場合に限り、引越費用に関しては、一般の住宅で10万~30万程得られるのが相場となっております。この金額は債権者および債務者の状況にもよりますが、80万や100万などの高額な費用は捻出されませんのでご理解ください。
また、この費用はあくまでも交渉の結果得られるものなので、任意売却を依頼する会社に対して引越し費用や当面の生活費の便宜を図ってほしい旨を率直に伝える事が大切です。

任意売却ができなかった場合


任意売却の場合、不動産売却に付随する諸費用については、引越し費用を除けば、ほとんどはあなたのお手元から費用を捻出する必要はありません。
しかし、任意売却が成立しなかった場合には、任意売却会社への支払額は自分で負担しなければなりませんが、多くの任意売却会社は成功報酬型のため、支払いする必要がありません。しかし、なかには広告費や調査費用などの費用を請求される任意売却会社も存在するため、契約前にきちんとその辺を確認し、可能であれば念のため任意売却できなかった場合の費用も用意しておいたほうが賢明です。

以上、任意売却(任売)にかかる費用について解説いたしました。
任意売却におけるメリット・デメリットについても他の記事で詳しく解説しておりますので、きちんと理解を深めた上で、任意売却を行ってください。
・任意売却におけるメリットはこちら
・任意売却におけるデメリットはこちら

ライフリノベーション


弊社ライフリノベーションは任意売却に特化した不動産仲介業者です。
弊社はお客様の求めるより良い先を共に見つけていくことを心がけています。
お客様の思いは十人十色です。私どもはその思いに沿ったご提案をすることをお約束します。
当社『ライフリノベーション』について
任意売却で問題を解決されたご相談者様の声はこちら