このまま返済?任意売却?住宅ローンの返済が困難な時の対処法を愛知の会社がご紹介!

「住宅ローンの返済が難しくなってきた」
「これからどうすれば良いのか分からない」
住宅ローンの返済でお困りの方はいらっしゃいませんか?
もちろん返済できればそれに越したことはありませんが、それが難しい時はどうすれば良いか分からない方も多いと思います。
催告状などが届くと気持ちも焦りますよね。
そこで今回は、住宅ローンの返済が困難な時の対処法を、愛知の会社がお教えします!

□リスケジュールを依頼する

リスケジュールとは、銀行に返済額の一時的な軽減や返済期間の延長のことで、銀行に依頼します。
もちろん誰でもできるわけではありませんが、時間があればまとまったお金が入る場合などは交渉が有利になります。
返済額の一時的な軽減は、病気で入院しているなど、決まった期間だけ収入が少ない場合に可能です。
返済期間の延長は交渉次第ですが、毎月支払う額が少なくなれば安定して返済できる場合に可能です。

*メリット

リスケジュールを依頼することのメリットは、何より物件を手放す必要がないことです。
形式は変わりますが、住宅ローン自体は払い続けているので、他に問題も起きにくいでしょう。

*デメリット

返済金額の一時的な軽減も、返済期間の延長も、支払う総額は多くなります。
銀行との交渉が必要なので、条件によっては拒否される場合があることもデメリットです。
リスケジュールしても全額返済が難しそうなら、違う方法をとった方が良いでしょう。
しかし、他の方法をとるにしてもリスケジュールを行った方が楽になる場合もあるので、一度相談することをおすすめします。

□任意売却する

リスケジュールしても返済の目処が立たない時は、任意売却という方法があります。
任意売却は家を売り出し、その利益をローンの返済に充てる方法です。
市場価格より少し低いくらいの金額が入ります。

*メリット

何より返済金額が大きく減ることが挙げられます。
さらに、もし売上金額が残債を上回れば利益にもなります。

*デメリット

家を出ていく必要があることがデメリットです。
ただこれは状況によってはそれほどデメリットにはなりません。
家族で住んでいたが、離婚して別々に暮らすという場合には、そのままの家では広すぎることもあるでしょう。
住み慣れた家を出ることは辛いかもしれませんが、返済金額が減るというメリットと天秤にかけてみてください。

□まとめ

今回は住宅ローンの返済が困難な時の対処法をご紹介しました。
ここでご紹介した任意売却は期限があり、ずっと住宅ローンを滞納していると不可能になる場合があります。
任意売却に興味がある方はぜひお早めに当社までご連絡ください。
最後まで見ていただきありがとうございました。