任意売却って誰でもできるの?条件は?愛知の会社がご紹介します!

「任意売却は誰でもできるのか、それとも条件があるのか」
「自分は任意売却ができるのかを知りたい」
住宅ローンが払えないとき、家を売れます。
家を売る方法は、強制的に執行される競売と、その前に自分から行える任意売却の2つがあります。
この任意売却について知りたい方は多いと思います。
ただ自分は任意売却ができるのか分からないと不安ですよね。
そこで今回は、任意売却するために必要な条件を愛知の会社がご紹介します!

□任意売却できる条件

*債権者の合意

銀行などの債権者が合意していない場合は任意売却できません。
滞納額ももちろん関係しますが、日頃から良い関係を保てているかが大事です。
滞納するにしても、理由があってそうなっている場合とただ無視している場合では信頼度が大きく違います。
滞納が始まると催告状などが届くと思いますが、その対応でも信頼度が変わります。
任意売却は基本自分の意思で進められますが、お金を貸している側が合意してくれないとスタートラインにも立てません。
仲介業者を利用しても結局は債権者相手に交渉することになるので、日頃から誠意ある対応を心がけましょう。

*市場価値があるか

任意売却をしたくても、あまりに市場価値が低いと買い手がつかず、任意売却が難しくなります。
適正価格などを自分で決めるのは難しいので、実績があり信頼できる業者に任せるのが良いでしょう。

*期間は十分にあるか

競売にかけられ、落札された後は任意売却ができません。
逆にそれまでは任意売却が可能です。
よく誤解されますが、競売の通知書が届いた段階ではまだ任意売却できます。
また、入札が始まっても、任意売却の手続きを並行して行えます。
しかし、任意売却には時間がかかる場合もあります。
期限まで時間的な余裕がないと、買い手がつかなくて任意売却できない可能性があります。
競売が始まる前に、早めの相談、行動を心がけましょう。

*滞納額が許容範囲か

滞納額があまりに多いと、債権者に任意売却を認めてもらえない場合があります。
これは物件の売出し金額との兼ね合いもあり、一概にいくらまでとは言えません。
債権者や仲介業者との相談の中で分かることです。
こちらについても、滞納が始まって早い段階で相談すれば、滞納額が低い状態で交渉できるためリスクを減らせます。

□まとめ

今回は、任意売却の条件についてご紹介しました。
早めに行動して、任意売却を成功させましょう。
当社では、任意売却についてのご相談を随時受け付けております。
任意売却は早さが大事ですから、まずはお問い合わせだけでもしていただければ幸いです。
最後まで見ていただきありがとうございました。