リバースモーゲージとリースバックの違い

リバースモーゲッジとリースバックの違いが今回のタイトルですが、どちらも専門用語ですので一般的にご存じない方も多いでしょう。いずれも自宅にまつわる用語なのですが、これらの手続きに関係してくる人は「自宅を所有していて、将来的に資金の悩みのある方」になります。上記に該当する方にとってはどちらも知っていて損がない手続きになりますので、ぜひご一読ください。

リバースモーゲッジとは


リバースモーゲッジとは、主に金融機関が扱っています。簡単にいうと、「持ち家(自宅)を担保として銀行や自治体から融資を受けて、借りたお金は死亡時に自宅を売却することで一括返済する仕組み」のことです。これは主に高齢者世帯向けのローンであり、年齢制限で住宅ローンやカードローン等の借り入れができない方もご利用可能で、老後資金の心配を緩和させる最適なローンとして注目が集まっています。

リースバックとは


こちらは主に不動産の管轄で行われる手続きです。「持ち家を売却し、リース契約をしてそのまま今迄と同様にお住みいただける仕組み」のことです。将来的にはお住みいただいたままそのお家を再び購入していただくことも可能です。こちらは高齢世帯のみならず、住宅ローンの返済が滞ってどうしようもない方が、自宅が競売物件になるのを回避するための手段として行います。

リバースモーゲッジとリースバックの共通点


リバースモーゲッジとリースバックの共通点は、いずれも自宅を売却するということです。リースバックは生前に、リバースモーゲッジは死後に行われるということです。全く違う点を挙げれば、債務者のままか否かです。
リースバックの場合は残債が残る可能性はありますが、自宅を売却することで債務が大幅に減りますが、リバースモーゲッジの場合は亡くなるため債務を持ち続けるということです。債務を持ち続けることで、担保にしている自宅・土地の値段が下落した場合、融資が減額されたり、ストップする可能性があります。契約によっては、その時点で超過額の返済が求められることがあります。また、金利の上昇により借入元利金が増加し、担保割れを起こし、融資が減額されたり、ストップするリスクもあります。

リースバックの落とし穴


リースバックを行う目的は、「いったんは家を手放して家賃という形で住み続けるが、いずれは買戻しを行う」というものです。そのため一般的には2年程度で買取をしなくてはならないと言われます。それまでに生活を立て直して、資金を貯めて買い取らなくてはなりません。2年経っても買取の資金が貯まらなかった場合にはその家はそのまま第三者に
渡る可能性があります。その点、リバースモーゲッジは、利用者が自宅に住み続けなくてはならないのが条件なので、自宅を出て行かなくてはならない状況にはなりません。

いかがでしたでしょうか?

将来的に何かあった時に皆様の選択肢の一つにいれておいても損はないでしょう。リースバックにもリバースモーゲージにも利用する上で条件があり、それは各自治体や自宅の物件情報によって異なるので、予め調べておくことをお勧めします。もし周りに困っている人がいたら、リバースモーゲッジとリースバックを教えてあげてくださいね。