任意売却した後の残債はどうする?名古屋の専門家が解説します!

「任意売却した後のローンはどうなるの?」
「残債の整理はどうすればいいのか詳しく知りたい!」

このように、任意売却後の残債整理について知りたい人は多くいらっしゃると思います。
しかし、任意売却した後の残債整理の話を業者に直接問い合わせて聞くのは難しいですよね。
そこで今回は、名古屋の専門家が任意売却後の残債整理について詳しく解説します!

□残債って?

そもそも残債とは何のことを指しているのでしょうか。
まずは、残債とは何なのかについて理解していきましょう。
任意売却を行うことで不動産を売却し、住宅ローンの返済に充てるわけですが、その売却額で返済しきれなかった部分が‟残債”です。
つまり、残債とは「任意売却後に残った債務」なのです。

□任意売却後の残債整理はどうすればいいの?

 
では、残債整理は具体的にどのようにしていけばよいのでしょうか。
ここでは、3つの主な整理方法をご紹介します。

*残債を分割して返済

この方法は、残債を少額に分割して、長期にわたり返済していく方法です。
月5,000円から10,000円など、返済能力に応じた額を月々で返済していきます。
残債が比較的少なく、長期にわたる返済が可能と認められた場合には、一般的にこの方法がとられます。

*個人再生

個人再生とは、「債務者が裁判所に申し立てをして、大幅に減額された債務を3年から5年の分割で支払い、残りの債務は免除してもらうという手続き」のことです。
任意売却後も多額の残債がある場合には、財務を圧縮し、このような手続きをとることがあります。
ただし専門的な手続きが必要なので、弁護士や業者を介しての残債整理になります。

*リースバックという方法もある

上の2つは、任意売却でマイホームを手放すことが前提となっています。
一方でリースバックではマイホームの売却後、賃貸物件としてマイホームに住み続けられます。
マイホームに住みながら賃料を買い手に支払い続けることで、ローン返済が免除されます。

□まとめ

今回は、任意売却を行った後の残債整理について解説しました。
残債とは何か理解できたでしょうか。
また具体的な残債整理のイメージが沸いたでしょうか。
任意売却後にも残る借金について、不安に思う人も多くいらっしゃると思います。
当社では、任意売却後に残債をどのように返済していくかのご相談も承っております。
名古屋の任意売却の専門家が、お客様を全面的にサポートいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。