任意売却とは?競売との違いは?について愛知県の任意売却専門会社が教えます。


夢のマイホームを購入したものの、怪我・病気・経済事情などの様々な事情によって住宅ローンの支払いが滞るケースは、誰にでも起こり得るものです。
このような状況は東京都や大阪府などと並ぶ大都市愛知県でも起こり得るため、事前に対策を検討しておいた方がいいでしょう。
今回は、住宅ローンの支払いが難しくなった時に備えて、任意売却という対策案についてご紹介させて頂きます。

任意売却とはどんなもの?

任意売却とは、住宅ローンの返済が困難になった場合において、借入先である金融機関の同意を得たうえで自宅を売却することです。
この場合、金融機関が売却金額を決定します。
任意売却を行うことによって、より早く売却を行うことができるため、早期の住宅ローンの完済が見込めるでしょう。

任意売却と競売はどう違うの?

任意売却と競売は、似たようなものだと思っている方もいらっしゃるかもしれません。
競売とは、一般競争入札のことであり、債権者が裁判所へ不動産の売却を申し立てたうえで、強制的に物件を売却するというものです。
物件の持ち主の意思とは無関係に売却が実行されます。
一方で任意売却は、物件の持ち主である自身の意思で引渡日の設定や様々な要望を通すことができます。
さらに、任意売却であれば市場価格に近い金額での売却が可能ですが、競売では市場価格の7割程度の売却金額になる可能性もあります。
そして、競売を行った場合には広く情報が公開されるため、近隣住民に競売を行っていることが知られる可能性が高いのです。
このように、任意売却と競売は似ているように思われますが、売却する側から見ると受けるメリットが大きく違ってきます。

任意売却を選択するメリット

先ほどもご紹介させて頂きましたが、任意売却であれば自宅を市場価格と近い金額で売却することが可能です。
さらに、売却先を選択することができるため、親族への売却や投資家への売却も可能になります。
この場合には、売却後に購入者と契約を結び、賃貸物件として引き続き住むことも可能です。
月々の家賃支払いは必要ですが、今まで住んでいた家から強制退去を命じられる心配がなくなるのです。
このような方法をリースバックといいます。
リースバックは近年注目されており、愛知県にお住まいの方でもこの方法を選択される方が多くいらっしゃいます。

まとめ

今回は住宅ローンの支払いが難しくなった時の対策として、任意売却についてご紹介させて頂きました。
住宅ローンにお悩みの方の中には、差押や競売で自宅を手放してしまう方も多くいらっしゃいます。
しかし、今回ご紹介させて頂いた任意売却やリースバックでは、売却後も引き続き自宅に住み続けることも可能です。
住宅ローンの返済にお困りの場合には、任意売却やリースバックという選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。