【名古屋で任意売却を考えている方向け】交渉の際の注意点とは?

「住宅ローンの返済が厳しいため任意売却を考えている」
そんな方も多いのではないでしょうか。
任意売却は、今後の生活に大きく影響を及ぼすため不安に感じる方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、不動産を任意売却の交渉の注意点について説明します!

□任意売却とは?

任意売却とは、住宅ローンなど滞納がある不動産を、債務者と債権者の話し合いのもと、できるだけ高く売却することで借金を減らすための方法です。
住宅ローンの返済を目的としているため、勝手に行えません。
まず大前提として、債権者の同意が必要になります。
そのほかにも、税金の滞納で差し押さえられていないこと、連帯保証人の同意、共有名義人の同意などが必要です。
また、売却活動期間が十分に確保されていることや、市場価値のある物件であることなどの条件もあるため頭に入れておきましょう。

□任意売却における交渉の注意点

まず、任意売却を行うには債権者の同意を得るための交渉が必要不可欠となります。
また、任意売却が決まった後の細かな決定も債権者と行わなければいけません。
これらの交渉は基本的に債務者ではなく、仲介業者である不動産会社となります。
不動産会社は任意売却のサポートを行いますが、債権者との交渉や、税務署、市税事務所、管理組合などの様々な相手との交渉を行います。
よって、債務者は依頼する仲介業者をしっかりと選ぶ必要があります。
任意売却専門業者を名乗るための資格や認定は特にないため、誰でも自称できるということを頭に入れておきましょう。
依頼する際には、その業者に本当に問題解決能力があるのか、信頼できるのか、債務者の適切な判断が必要なので注意してください。

□任意売却後の債務について

任意売却を行った後の債務についての交渉は誰が行うのでしょうか。
これについては様々なケースがあります。
任意売却を担当してくれた不動産会社が行う場合もありますし、債務者自ら返済計画を相談する場合もあります。
当社では、債権者との不足分の返済方法の相談も行っております。
経験豊富な専門スタッフがしっかりとサポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

□まとめ

今回は、不動産を任意売却の交渉の注意点について説明しました。
任意売却は、一生に関わる問題なので慎重に交渉を進める必要があります。
業者の技量を見極め、知識が豊富で交渉経験にも長けている任意売却専門の不動産会社に依頼すると良いでしょう。
当社では、売却の相談から返済方法の交渉、売却までの手続きをお客様の意思を尊重しながらお客様と共に行っております。
経験豊富な任意売却専門のスタッフが無料で相談を受け付けておりますので、住宅ローンの返済にお困りでしたらまずは当社にご相談ください。