不動産のリースバックとは

マイホーム購入後に不運にも、様々な理由(リストラ、病気、離婚、収入減、相続)から住宅ローンの支払いが困難になってしまった場合、任意売却という選択肢があります。
任意売却とは、住宅ローンなど滞納のある不動産をできるだけ高く売り、借金を減らすための方法です。しかし愛着のあるマイホームを手放し、別の住まいを探さなければなりません。引っ越し費用も決して安くはありません。できることなら、両親の介護や子供の学校の兼ね合いもあり、家を引っ越したくないという方が多いと思いますが、そうこうしているうちに自宅が競売にかかって、強制的に退去を命じられてしまう可能性も出てきてしまいます。

そのような状況の方のために家を手放さなくても借金問題を解決できるリースバックという方法があります。

不動産のリースバックとは


不動産リースバックとは、マイホームを売却して、買い手(大家さん)に賃料を支払う事で継続してご自宅を利用できる有効な解決手法です。ご自宅の住宅ローン残債が売却価格を超過している場合でも任意売却を併用する事で、リースバックが可能になります。つまりリースバックは任意売却が発展したかたちの手続きとなります。大家さんと話し合いの上、将来的に自宅を買戻す特約を付けることも可能です。

親族間売買のリースバック


マイホームを子供や親戚に売却することで、売却した後もご自宅に住み続けることのできる「親族間売買」という選択肢があります。子供・親戚が所有者となることで、競売にかけられることを避け、所有者に家賃を支払うかたちで住み続けることになります。リースバックの手続きが行われる場合、優先的に選択されるのがこの手段です。

では、続いて不動産のリースバックにおけるメリット・デメリットについて触れていきたいと思います。

リースバックのメリット


一番のメリットは引越しをしなくていいということです。売却してもそのまま住み続けられることから新居の敷金、礼金、その他引っ越し費用がかからない上、ご近所さんに気付かれることもありません。生活パターンを変えなくても良いので、家族や仕事に対しての影響が少ないことが大きな利点です。また、これまでご自宅の維持のためにかかっていた手間や費用(固定資産税や物件のメンテナンス費)が必要なくなりますので、家計や事業の立て直しに専念していただけます。更に自宅の買い戻しを希望される場合、買戻し優先権をつけたリースバック契約を結ぶことで、将来的にご自宅を買い戻すことが可能です。

リースバックのデメリット


毎月決められた額の家賃を所有者に支払っていくことになります。一般的に家賃の相場は、家賃1年分が不動産評価額の10%ぐらいだと言われています。また、リースバックの賃貸契約は無期限ではありません。リースバックを行う目的は、「一時的に家を手放して家賃というかたちで住み続けるが、いずれは買戻しを行う。」というものですので、一般的には2年程度で買取をしなくてはならないと言われます。何年間もそのまま家賃を支払って住み続けることはできません。2年程度経っても買い戻しが不可能な場合は手放すことになり、その家からも出て行かなくてはならなくなります。一般的に再び買い戻すときの金額の2割増し、3割増しの値段になるそうですので、家賃を支払いながら、資金を貯めなくてはなりません。

当社のリースバックの仕組み


ライフリノベーションでは、弊社が紹介する大家さんに住まいを買い取ってもらい、買い取ってもらった住まいを賃貸住宅として引き続き住んでいただきます。信頼できる第三者(投資会社・一般投資家など)を「買い手」として見つけ、家を借りるという形態になります。リースバックのご相談ならライフリノベーションにお気軽にお問い合わせください。
弊社はお客様の求めるより良い先を共に見つけていくことを心がけています。
お客様の思いは十人十色です。私どもはその思いに沿ったご提案をすることをお約束します。
当社『ライフリノベーション』について
リースバックで問題を解決されたご相談者様の声はこちら