名古屋で家の売却を考えている方必見!ローンがある家でも売れるのか?

「家の売却を考えているけど、まだローンが残っている」
「ローンが残っていても売れるの?」
このようなお悩みや疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか?
最近はリストラや転職なども多くなっていて金銭的に困っている方も多いでしょう。
こういった現状では家の売却を考えている方も少なくはありません。
そこで、今回はそんな方たちのためにローンが完済できていない場合の家の売却についてご紹介します。

□ローンが残っている家の売却


*売却できるのか

結論からいうとローンが払い終えていない場合でも売却することはできます。
しかし、売却するためには一つ条件があります。
それは、売却が完了したときに住宅ローンを一括で返済しなければいけないということです。

*売却方法

そして、売却方法としては三つあります。

・手持ちのお金で返済する。
・売却代金で返済する。
・売却代金と手持ちのお金で返済する

このいずれかから選択して返済することになります。

□売却の際の注意点

*売却価格を把握する

売却価格を知ることはローンの残りと比較するときに重要になってきます。
言葉にするだけであれば簡単ですが、現実は難しい問題です。
売却価格は売買契約をするまで分からない上に諸費用もあるので計算が複雑になってきます。
そのため、不動産会社に見積もりを依頼することをおすすめします。

*諸費用の計算

諸費用の計算も家を売却するときには重要になってきます。
諸費用を計算することは手元に残るお金を把握することにつながります。
この諸費用の中には税金や手数料のようなものが含まれてきます。

□ローンが残った場合


売却代金でも返せない場合は他の方法でローンを完済する必要があります。
知人や友人に借りるのも一つの手ですが、信頼関係の崩壊につながりかねません。

*無担保貸付

一つの方法として考えられるのが、無担保貸付です。
無担保貸付は担保を必要としない貸し付けなので、保証なしで数百万円の融資を受けることが可能です。
しかし、多少借り手の職業などに依存するので注意しましょう。

*任意売却

無担保貸付も方法の一つですが、最適なのが任意売却です。
任意売却はほとんどの場合競売と比べて高く売ることができます。
また、引っ越し費用をもらえたり、日程なども柔軟に対応してもらえたりすることもあるので任意売却がおすすめです。

□まとめ

今回はローンが残った家の売却についてご紹介しました。
家の売却はそれなりのお金が関わってくるのでしっかり情報収集してから売却するようにしましょう。
また、家の売却をする場合は任意売却がおすすめです。
任意売却する際はぜひ私たちにご相談ください。
お待ちしております。