名古屋で住宅ローンの滞納をしている方に借り換え以外の対処法を紹介

「住宅ローンの滞納がやばい!」
「でも、払えないし、対処の仕方がわからない」
このように住宅ローンでお困りの方はいらっしゃいませんか?
住宅ローンにより、毎月かなりのお金を支払うことになるので、滞納している方も多いのではないでしょうか。
しかし、滞納し続けてしまうと後々後悔してしまいます。
そこで、今回はそんな方たちのために住宅ローン滞納の対処法について紹介します。

□住宅ローンを滞納したときの流れ


*金融機関からの連絡

まず、住宅ローンを滞納すると金融機関から手紙や電話で連絡が来ます。
内容としてはこれ以上滞納すると競売の可能性があるといった内容です。

*一括請求書が届く

そして、半年ほどたったタイミングで一括請求書が届きます。
住宅ローンの契約内容には「半年で分割支払いできる権利が消えます」といったものがあることがほとんどです。
そのため、この権利が消えて一括請求書が届きます。

*代位弁済

それでも支払わなかった場合はあなたの代わりに保証会社が全額支払う代位弁済が行われます。
そして、ここから保証会社からの催促が始まります。

*競売

そして、保証会社から競売を申し立てられ、最終的に自分の家が売却されることになります。
最悪の場合は自己破産にもなりかねないので気をつけましょう。

□住宅ローンを滞納したときの対処法

*リスケ交渉

滞納してしまったときの対処法としてはリスケ交渉が挙げられます。
リスケ交渉とは住宅ローンなどの借入金の返済が当初の条件では難しくなった場合に金融機関に対して条件変更を要求することです。
この交渉は債務者が銀行に直接移動して行います。
具体的に行う交渉としては、毎月の返済額の減額要求などがメインになってくるでしょう。
モラトリアム法というものができたので基本的に銀行などの金融機関はこの条件変更を受け入れてくれます。

*任意売却

そして、おすすめなのが任意売却です。
任意売却は自分の家を売って、それを住宅ローンの返済に当てることです。
そうすることで、競売で売却されるよりも高値で売れますし、自分で売却を決めることもできます。
また、交渉次第では引っ越し費用をもらえることもあります。

□まとめ

今回は住宅ローンを滞納したときの対処法についてご紹介しました。
住宅ローンを滞納してそのまま放置していると大変なことになってしまいます。
最悪の事態を避けるために早めに手を打つようにしましょう。
また、任意売却をお考えの方はぜひ私たちにお任せください。
お待ちしております。