【愛知の業者が解説】任意売却のメリットとデメリットとは?

住宅ローンが払えない状況になってしまった際、任意売却という選択肢があることをご存知ですか?
この記事では、任意売却のメリットとデメリットをご紹介します。
住宅ローンが払えない不安を早く無くしたい方は多いと思います。
では、まずは任意売却とは何かということから見ていきましょう。

□任意売却とは


任意売却とは、住宅ローンなどの返済ができなくなった場合、売却後も住宅ローンが残ってしまう不動産を金融機関の合意を得て売却する方法です。
任意売却は債権者(主に銀行など、ローンを課している側)が強制的に取る手続きではなく、債務者が自主的に取る手続きです。
ローンの返済ができなくなった場合、他にも競売という手段があります。
競売とは、債務者からの返済を受けられなくなった債権者が、債務者が所有する不動産などを裁判所の管理下で強制的に売却し、債務の支払いを受ける手続きです。
つまり、自主的に行うのが任意売却、抵当権(借金のカタになっているという権利)を持つ債権者が裁判所を通じて強制的に行うのが競売と考えるとよいでしょう。

□任意売却のメリット

*市場価格に近い高額売却が期待できること

通常の不動産取引と同様に、なるべく多くの購入検討者に情報を届け、より良い条件で購入してくれる人を、時間をかけて選定できるため、高額売却が期待できます。

*近所に知られることがない

通常の住み替えのように販売活動が行われるため、プライバシーが侵害されません。

*依頼費が0円

任意売却の場合は、家の売却代金から捻出できるため依頼者の負担金は0円です。

*今の家に住み続けることが可能な場合がある

任意売却では購入者を選ぶことが可能なため、身内の方や投資家に自宅を買い取ってもらい、家賃を支払うことでそのまま自宅にすみ続けるという方法があります。
このことをリースバックと言います。

□任意売却のデメリット


*ローンを滞納していることが条件

任意売却をするには、ローンを1,2ヶ月程度ではなく、数カ月にわたり滞納していることが条件となっています。
そして、住宅ローンを一定期間以上滞納することにより信用情報機関に登録されてしまいます。
信用情報機関に登録されてしまうと、その後5~6年程度はローンが組めなくなってしまいます。

□まとめ

任意売却のメリットとデメリットをご紹介しました。
任意売却のメリットとして、
・高額売却が期待できる
・プライバシーが守れる
・依頼費がかからない
・リースバックが可能な場合がある
ということが挙げられます。
当社では無料相談を受け付けております。
何か分からないことやご相談がある方は、ぜひ当社にお問い合わせください。