【名古屋で任意売却をご検討の方へ】競売との違いを解説します。

住宅ローンを返せなくなり、止むを得ず住宅を売却しなければならなくなった時、あなたはどのような方法を取りますか?
この記事では、任意売却と競売について、両者の違いを比較しながら詳しく解説します。
任意売却と競売の違いが分からない方、あるいは任意売却や競売といった単語に馴染みがない方はたくさんいらっしゃるかと思います。
では、まず任意売却と競売がどのように行われるのかを見ていきましょう。

□任意売却・競売とは


任意売却とは、住宅ローンなどの返済ができなくなった場合、売却後も住宅ローンが残ってしまう不動産を金融機関の合意を得て売却する方法です。
任意売却は債権者(主に銀行など、ローンを課している側)が強制的に取る手続きではなく、債務者が自主的に取る手続きです。
ローンの返済ができなくなった場合、他にも競売という手段があります。
競売とは、債務者からの返済を受けられなくなった債権者が、債務者が所有する不動産などを、裁判所の管理下で強制的に売却し、債務の支払いを受ける手続きです。
つまり、自主的に行うのが任意売却、抵当権(借金のカタになっているという権利)を持つ債権者が裁判所を通じて強制的に行うのが競売と考えると良いでしょう。

□任意売却・競売を比較

*売却価格

任意売却: 市場価格に近い価格で売却できる場合が多い。
競売:市場価格の7割前後の場合が多い。

*プライバシー

任意売却:通常の不動産売却と同じ方法を取るため、事情を知られずに売却できる場合が多い。
競売:新聞やネット上に公開されるため、近所の人や職場の人に知られるリスクがある。

*残債
任意売却:競売よりも高く売却できる場合が多いため、競売よりも残債が少なくなる可能性が高い。
競売:売却価格が市場価格より低くなる場合が多いため、任意売却よりも残債が多くなる可能性が高い。

*引越し費用

任意売却:債権者との交渉次第で引越し費用を受け取る事が可能。
競売:裁判所から明渡命令(競売で取得した不動産に人が住んでいた場合、相手方に対して不動産を引き渡すように命令を出す手続き)が出るため、ほとんどの場合不必要。

□まとめ

任意売却と競売について、両者の違いを比較しながら詳しく解説しました。
当社では、信頼できる弁護士・司法書士・税理士・ファイナンシャルプランナーなど、各種専門家との連携を図りながら、皆様に最も適した解決方法をご提案し、解決へ導きます。
相談は無料ですので、まずはご気軽にお電話ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。