リースバックって何?メリットとデメリットを紹介

「リースバックって何?」
「メリットやデメリットは?」
このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか?
リースバックは住宅の売却を考えていない限り、知らない人がほとんどの言葉です。
しかし、いざ、売却しようと言うときにリースバックの存在を知らなければ後悔するかもしれません。
そこで、今回はそんな方たちのためにリースバックのメリットとデメリットについてご紹介します。

□リースバックとは


リースバックではお金に困って自分の持っている家などの不動産を売却したとしても、新たな所有者と契約を結ぶことで、賃料を払って売却した家に住むことができます。
そのため、引っ越しをしたくないなどの理由がある人におすすめです。

□リースバックのメリット

*同じ家に住める

リースバックをすると引っ越しが不要になります。
本来なら住宅を売ってしまうと次の住まいが必要になるので、引っ越しは必須です。
しかし、リースバックは売却したとしてもお金を払えば同じ家に住むことができます。
例えば、お子さんがいる方は転校する必要もありませんし、働いている方は通勤方法が変わることもありません。

*買い戻しできる

また、リースバックには買い戻し優先権というものが存在しており、買い戻しを希望すれば、買い戻して自分の家として住むことができます。
そのため、お金の関係で売却しなければならなかったとしても、また買い戻せるので、わざわざ手放す必要がなくなります。

□リースバックのデメリット


*売却価格が安くなる

リースバックになってくると、やはり色々な制約が発生してくるので本来の値段よりも安くなる傾向があります。
また、極端に安くなるときは損をすることもあるので注意しましょう。

*リース料が高い

リースバックとなると、同じ家に住み続けるというメリットと引き換えに、リース料が高くなってきます。
そのため、毎月の支払いの負担が大きくなるのが経済的に厳しい人は注意が必要です。

*買い戻し価格が高い

いざ買い戻そうとしたときに、売却したときの値段とくらべて、買い戻す際の値段の方が高い場合がよくあります。
買い戻す場合は毎月の支払いと、そういった高くなる可能性も考慮してリースバックを考えましょう。

□まとめ

今回はリースバックのメリットとデメリットについてご紹介しました。
この仕組みは自分の家をどうしても手放したくない場合にとても役に立ちます。
また、慣れ親しんだ土地から離れたくないといった場合にもリースバックが活躍してきます。
住宅の売却を考えている方はリースバックを検討してみてはいかがでしょうか?
また、住宅の売却をお考えの方はぜひ私たちにご相談ください。
お待ちしております。