離婚が原因で住宅ローンの名義変更はできるのか?

離婚をすることになった場合、住まいも別々になるケースが多いです。

元々住んでいた家に住宅ローンの名義人が住む場合は問題ありませんが、そうでない場合はどうなるのでしょうか?

住んでいない家のローンの名義人になることは、元夫婦であっても避けたいと考えるでしょう。

そこで今回は「離婚が原因で住宅ローンの名義変更はできるのか」をテーマにご紹介いたします。

 

住宅ローンの名義変更は可能?

離婚が原因で住宅ローンの名義変更を行うことは、不可能ではありません。

住宅ローンの支払いは、離婚などの理由があっても、ローンの名義人に支払い義務が生じます。

例えば、夫が住宅ローンの名義人であり、離婚後は妻と子供が住み続ける場合は夫に住宅ローンの支払い義務があるのです。

また、子供がいる場合は養育費として住宅ローンの支払いを行ってもらうこともできますが、もし夫が支払いを滞納してしまうと、家が競売にかけられて住めなくなってしまうというリスクがあります。

そのようなリスクを回避するために、住宅ローンの名義を変更したい場合は、どうすれば良いのでしょうか。

 

名義変更が難しい理由

住宅ローンの名義変更は、不可能ではありませんが難しいです。

住宅ローンは、住宅ローンを受ける債務者と金融機関などの債権者との契約の上で、成り立っています。

審査の際は、安定した収入があるかどうかをチェックし、住宅ローンを返済する能力の有無を確認しています。

つまり、ローンの名義人になる個人についての審査を行っているのです。

そのため、離婚するという理由では、名義変更を行うことはできません。

離婚が原因で名義変更したい場合は、元の名義人と同等、またはそれ以上の収入があり、正社員として雇用されているなどの条件が存在します。

 

名義変更ができなかった場合の対処法

もし、元の住宅ローンで名義変更が認められなかった場合は、どうすれば良いのでしょうか。

その方法は、2つあります。

1つ目は、離婚後にローンの名義人から、家を売ってもらう方法です。

この場合、買う側は現金を用意するか、新たに住宅ローンを組む必要があります。

2つ目は、他の金融機関で住宅ローンを組んで、借り換えを行う方法です。

名義を変更できるだけでなく、金利面でも有利になるケースがあります。

 

まとめ

離婚が原因で住宅ローンの名義を変更することは、不可能ではありません。

変更する人に安定した収入があるなどの、条件をクリアしている場合は、名義を変更できる可能性があります。

他にも、家を売ってもらったり住宅ローンの借り入れを行うなどの手段があるので、自身の状況に合った方法を選択しましょう。

離婚後に名義変更を検討されている際は、事前に名義変更について詳しく調べて、準備しておくことが重要です。