競売のメリット・デメリット

競売は任意売却とともに、住宅ローンなど金融機関から借りたお金が全額返済できない状態で不動産を手放すことです。
しかし、任意売却と競売は販売方法や意思決定が異なり、売却後の結果も大きく変わります。
どうせ売るなら競売も任意売却も一緒というわけではありません。 今回は競売とは何か、そして競売のメリット・デメリットについて解説していきます。

競売とは


競売は「けいばい」または「きょうばい」と読みます。
競売(=不動産競売)とは、債務者が住宅ローンを返済できなくなった場合、債権者が裁判所に申し立てることによって、債務者の不動産を差し押さえて、裁判所の権限によって強制的に売却する手続きです。競売物件とは、本来のマンション、一戸建て、土地などの不動産の所有者が支払の義務を果たせなくなったため、差し押さえされた不動産のことを指します。競売物件の種類は主に、マンション、一戸建て、土地、店舗、オフィスビル、地上権つき建物、土地などが挙げられます。

競売のメリット


競売の場合、任意売却に比べると債務者自ら行うアクションが少なく楽ではあります。
任意売却のように頻繁に銀行や役所に書類を提出したり、債権者と粘り強く交渉することもありません。裁判所から届く全ての通知、銀行などから届く通知、連絡等を完全に無視していれば、勝手に競売が進んで、ある日突然立退き命令が下って強制的に完了します。また、手続きが裁判所によって進められるため公正であり、業者に騙されるといってことはありません。

以下、競売のメリットをまとめます。

1、手間がかからない
2、透明性の高い取引である

競売のデメリット


競売の場合、全ての意思決定を裁判所が行うため、透明性の高い取引ではありますが、競売は任意売却と比較してデメリットが多いのが特徴です。競売物件になると裁判所の人が家のなかに入り、状態を確認したり写真を撮ることが認められ、また室内の写真がインターネット上に掲載されることがあります。その他、売却額が任意売却に比べかなり安く落札されたり、引越代を自分で準備するなど、任意売却とは異なる面が多々あります。

以下、競売のデメリットをまとめます。

1、売却額が相場より安くなる事が多い
2、返済の交渉不可
3、強制的に退去させられる
4、個人情報が公開される
5、引越代金を全額自己負担

任意売却と競売の違い

任意売却は競売と異なり、一般的な不動産取引のように相談者の意志が反映されたかたちとなります。
情報をきちんと公開することで、相場価格での売却が可能で、周囲に売却の理由を知られることもありません。強制立退きはなく、前もって引越し準備ができますし、売却代金の一部を引越代として債権者から融通してもらえることもケースによってはあります。 経済的にも精神的にも大変負担が大きい競売に比べて、任意売却なら少しでもその負担を軽減することができます。

任意売却で解決

裁判所から「競売開始決定通知」を受け取ってから最短4か月で、あなたのご自宅は強制的に売却されてしまいます。しかし、「任意売却」なら解決することが可能です。
弊社は、あなたのご自宅が競売物件になるのを避ける為、各債権者への競売申し立ての取り下げを交渉し、任意売却手続きによって問題解決のお手伝いをさせていただいています。経験豊富な任意売却専門スタッフが、随時無料でご相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。必要に応じ、弁護士・司法書士などの専門家のご紹介も出来ますので、ご安心ください。

ライフリノベーション

株式会社ライフリノベーション
弊社ライフリノベーションは任意売却に特化した不動産仲介業者です。
弊社はお客様の求めるより良い先を共に見つけていくことを心がけています。
お客様の思いは十人十色です。私どもはその思いに沿ったご提案をすることをお約束します。
当社『ライフリノベーション』について
任意売却で問題を解決されたご相談者様の声はこちら