名古屋で不動産の任意売却をされる方必見!銀行が売却を認めるケースをご紹介

「銀行が任意売却を認めてくれるのか不安で仕方がない」
「銀行が任意売却を認めるケースとその理由について知りたい」
そんなお悩みや疑問を持つ方はいらっしゃるのではないでしょうか?
住宅を購入したものの、個々の都合で住宅ローンを返済できなくなった人は多くいらっしゃいます。
そんな方は、不動産の任意売却を銀行に認めてもらってお金を得る必要がありますが、不安に感じる方も多いでしょう。
そこで今回は、銀行が任意売却を認める場合とその理由について紹介します!

□そもそも任意売却って何?

任意売却と聞いて、それがどのようなものか知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか?
任意売却とは、住宅ローンの返済が滞っている場合に、残ったローンを支払うために銀行の合意を得て不動産を売却することです。
そのため、不動産を強制的に売却する競売とは少し異なります。

□銀行が任意売却を認めるのはどんな時?

*競売よりも高く売れる場合

銀行は家主とローンを組むと、貸したお金の返済を求めます。
家主の中には返済能力がなく、最終的には不動産を競売にかけてお金を捻出して返済する方がいます。
しかし、その場合は任意売却よりも安価で売却されることが多く、銀行側が返済してもらえるお金も減ることがほとんどです。
それでは、銀行にメリットがないですよね。
そのため、任意売却の方が高価に売却できると分かった場合には、売却が認められます。

*銀行自体が任意売却を認めやすい傾向にある場合

銀行ごとに任意売却のしやすさが違うのをご存知ですか?
都市銀行や信託銀行、地方銀行によって、その対応は違います。
都市銀行の場合、任意売却を認めてくれますが、売却期間が短いので注意が必要です。
信託銀行の場合は、貸し出し件数の総数が少なく、少数であれば任意売却を認めます。
一方、地方銀行の多くは保証会社がついていなければ任意売却を認めないため、事前の確認が必要です。

□まとめ

今回は、銀行が任意売却を認める場合とその理由について紹介しました。
このように、銀行側は任意売却を認めてくれることが多いので、それほど心配はありません。
任意売却をご検討中の方は、今回の記事を参考にして、不動産の売却とローンの返済を進めてみてください。
また、名古屋で任意売却を考えている方で、ご不明な点やお悩みがございましたら、ぜひ一度、当社までお気軽にご相談ください。
任意売却に詳しいスタッフが皆さんのお問合わせをお持ちしております。