【愛知で任意売却をご検討の方】悪徳業者の手口を解説します。

住宅ローンを返済できなくなり任意売却を考えている方は、悪徳業者にご注意ください。
この記事では、そもそも任意売却とは何かということから押さえ、次に悪徳業者の手口と誘い文句について解説します。
任意売却は民間企業のビジネスですから、悪徳業者は存在します。
ゆえに、任意売却のことをよく知った上で悪徳業者に騙されないように警戒することが大切です。
では、まずは任意売却について見ていきましょう。

□任意売却とは


住宅ローンを借りる際、銀行が土地と建物に抵当権(貸したお金が帰ってこなくなった場合、担保にとっている土地と建物を売却することで残債を回収できる権利)を設定します。
抵当権者は、債務者がお金を返せなくなると、競売にかけることにより残債を回収できます。
任意売却とは、競売と違った手段で住宅ローンを返済することを指します。
具体的にいうと、競売という公的な手段に頼らず、債務者が住宅を売却することによって、住宅ローンを返済します。
その際、業者に頼るか頼らないかは債務者が決定できますが、業者に頼る方が多数います。
そのため、業者に頼る場合、悪徳業者に騙されないために悪徳業者の手口を把握しておくことが重要になります。

□悪徳業者の手口

*仲介手数料などを要求する

任意売却では、債務者は任意売却業者に仲介手数料などの金銭を支払う必要はありません。
よって、依頼した任意売却業者が何らかの金銭を要求してくる場合は悪徳業者である可能性が高いでしょう。
騙されて支払わないように注意しましょう。

*誘い文句

悪徳業者は、十分な根拠も提示せず、任意売却の方が競売よりも高く売れるということを言って、強引に債務者に任意売却をするようにけしかけてきます。
しかし、競売でも高く売れる場合もあり、一概に任意売却の方が良いとは断言できません。
安心して任意売却を進めるためには、債権者に任意売却業者を紹介してもらうのがよいでしょう。

□まとめ

今回は、任意売却とは何かということから押さえ、次に悪徳業者の手口と誘い文句について解説しました。
住宅を売却するという行為は人生の中でも重大な決断となりますから、悪徳業者にひっかからないように慎重に進めていきましょう。
当社では、信頼できる弁護士・司法書士・税理士・ファイナンシャルプランナーなど、各種専門家との連携を図りながら、皆様に最も適した解決方法をご提案し、解決へ導きます。
相談は無料ですので、まずはご気軽にお電話ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。