【愛知で任意売却をご検討の方へ】悪徳業者の対処方法とは?

あなたは任意売却につけ込む悪徳業者に対処する方法を知っていますか?
この記事では、任意売却につけ込む悪徳業者を見極めるポイントをご紹介します。
任意売却の相談は人生においても重要な相談になるため、信頼できる業者に頼みたいですよね。
信頼できる業者を選ぶ際には、自分がしっかりと任意売却や競売の知識を持っていることも大切です。
では、まずは任意売却とは何かということから見ていきましょう。

□任意売却とは

住宅ローンを借りる際、銀行が土地と建物に抵当権(貸したお金が帰ってこなくなった場合、担保にとっている土地と建物を売却することで残債を回収できる権利)を設定します。
抵当権者は、債務者がお金を返せなくなると、競売にかけることにより残債を回収できます。
それに対し任意売却は、競売と違った手段で住宅ローンを返済することを指します。
具体的にいうと、競売という公的な手段に頼らず、債務者がマイホームを売却することによって、住宅ローンを返済します。
その際、業者に頼るか頼らないかは債務者が決定できますが、多くの方が業者に頼ります。
そのため、業者に頼る場合、悪徳業者に騙されないようにきちんとした業者を選ぶことがとても重要になります。

□悪徳業者を見極める方法


悪徳業者に対処する方法としては、業者を選ぶ前に悪徳業者を見極める方法が一番有効です。
よって、ここでは悪徳業者を見極めるポイントをご紹介していきます。

*高額の金銭で相談に誘導する

引っ越し代、キャッシュバック、立ち退き準備金など、高額の金銭を提示して相談に誘導するサイトが散見されます。
相談の段階で引っ越し代が確定することはないので、過大広告と言えるでしょう。
そういった業者は金額の数字に信頼が持てないため、頼まないほうが賢明でしょう。

*競売の恐怖を必要以上に煽る

競売という手段を取ってしまうと「怖い人が家にくる」、「近所にばれやすい」、「精神的な負担やストレスが大きい」などといった根拠の少ない脅し文句を用いて、恐怖心を煽ってくる業者には注意が必要です。
オーバートークを用いずきちんとした事実のみを紹介してくれる業者の方が安全度は高いです。

□まとめ

悪徳業者に対処する方法として、悪徳業者を見極める方法をご紹介しました。
当社では、信頼できる弁護士・司法書士・税理士・ファイナンシャルプランナーなど、各種専門家との連携を図りながら、皆様に最も適した解決方法をご提案し、解決へ導きます。
相談は無料ですので、まずはご気軽にお電話ください。