リバースモーゲージのデメリットについて

リバースモーゲージとは、自宅を担保にしてお金を借りる融資制度です。死亡後は自宅を売却して、その代金を融資の一括返済に充てるという仕組みです。現在高齢化が進む中、今後も自宅を所有したまま融資が受けられるリバースモーゲージが注目されていますが、果たして良いことばかりなのでしょうか。

いいえ、デメリットも存在します。

今回は、リバースモーゲージのデメリットについて解説していきます。

すべての住宅が対象ではない


対象となる住宅は基本的に一戸建てで、マンションは対象外のところが多く、地域の制限がある場合もあります。金融機関によっては、地域によりマンションでも利用可能な金融機関もあるので、事前にきちんと確認されることをお勧めします。

相続人の許可が必要


リバースモーゲージを利用するにあたっては、法定相続人全員(子供など)の同意が必要になります。家主の一存で決定できないのです。法定相続人の一人でも拒否した場合には、利用できないことがあるのできちんとした話し合いのもと利用しましょう。

評価額が低い場合は利用できない


金融機関が行うものでは、対象が地価が高い大都市圏が中心であり、またその不動産の評価額に対して5割程度までしか融資ができません。そのため、評価額が低い場合は利用できない可能性があります。金融機関は、死後でないと貸した金が回収できないリスクがあるので、思ったほどたくさんは貸してくれないということで、リスクの高い評価額が低い物件に対してはそもそも利用が不可となるのです。

また、長期に貸し出しなので変動金利で貸しているところが多く、金利が上昇すると負担も増えていきます。さらに、通常のフリーローンに比べて、金利も高めになっている点も悩ましいところです。

リバースモーゲージを利用することは決してメリットばかりではありません。
メリットとデメリットを把握した上で、最適な選択肢を選びましょう。