住宅ローン問題を解決する暮らしの相談窓口 住宅ローン問題を解決する暮らしの相談窓口

相談は無料
相談は無料

0120-281-660受付時間 10:00〜20:00(土日祝可)

離婚で住宅ローンが払えない!?解決策と対策について

離婚した場合、当事者同士の話し合いにより財産分与を行うケースがあります。

財産分与ではプラスの財産だけでなく、住宅ローンなどのマイナスになる財産の話し合いも行われます。

住宅ローンは事前に話し合いをしていないと、トラブルの原因になりかねない問題といえるでしょう。

離婚が原因で住宅ローンのトラブルが発生し、自宅を手放さざるを得ないケースも多々あるのです。

そこで今回は、離婚で住宅ローンが払えない場合の解決策と対策について、ご紹介させていただきます。

 

離婚で住宅ローンが払えない状況とは?

離婚で住宅ローンを払えない状況になるパターンは多くあります。

例えば、離婚後に自身は自宅に住み続け、相手が住宅ローンを支払うと決めたにも関わらず、相手の収入が減ったことにより住宅ローンの支払いが困難になるケースです。

仮に相手が滞納した場合は、滞納していることに気づくまで時間がかかることも多いため、気がつけば取り返しのつかないことになっていることも珍しくありません。

このように、結婚時と状況が大きく変化したことで、住宅ローンを払えないというトラブルが発生することがあります。

 

離婚で住宅ローンが払えない時の解決策

離婚で住宅ローンが払えなくなった場合は、まずは金融機関に相談してみましょう。

金融機関に相談することで、金利の調整や返済期間の見直しなど、さまざまなサポートを提案してくれる可能性があります。

また、ローンの借り換えを検討することも効果的です。

現状よりも金利の低い住宅ローン商品を比較検討して実際に申請すると、負担が大きく減るでしょう。

 

住宅を売却せずに住宅ローンを払うには?

金融機関への相談やローンの借り換えを行っても、住宅ローンの返済が難しい場合もあります。

このような場合は、自宅を売却して得た資金で住宅ローンを返済するという方法が効果的です。

しかし、この方法では自宅を手放すことになってしまうため、抵抗がある方も多いでしょう。

そこで、任意売却とリースバックという方法をオススメします。

任意売却とは、金融機関の承諾を得たうえで、自身の希望する売却先に自宅を売却する方法です。

また、リースバック会社に自宅を売却し、売却後リースバック会社と賃貸借契約を結ぶことをリースバックといいます。

このような方法を活用することで、自宅を手放すことなく住宅ローンの返済ができ、自宅にそのまま住み続けることが可能です。

便宜上は自宅を売却することになりますが、引っ越しせずに住宅ローンの支払いを行えるため、支払いが困難な場合は検討してみましょう。

 

まとめ

今回は、離婚で住宅ローンが払えない場合の解決策と対策について、ご紹介させていただきました。

離婚によってライフスタイルは大きく変化するため、離婚が原因で住宅ローンの支払いが困難になるケースは多くあります。

任意売却とリースバックのような対処法を知っておくと、万が一離婚で住宅ローンが払えない時も冷静に対処することができるでしょう。

もし離婚後に住宅ローンでお困りの際は、専門業者に相談してみましょう。