家の競売は対処で回避!任意売却などで解決!

住宅ローンの支払いを数か月間滞納してしまうと、競売という形で法的に家を売却されます。

競売にかけられてしまうと、自宅を手放さなければならない他に、デメリットが存在します。

では、競売のデメリットとは、何なのでしょうか。

仮に住宅ローンの支払いが難しい場合は、競売を待つしかないのでしょうか。

そこで今回は、家の競売を回避する対処法について、ご紹介します。

 

競売のデメリット

裁判所が行う競売は、裁判所と債権者が家の売却に関する手続きを全て行ってくれるため、時間や手間がかかりません。

しかし、その一方で競売にはデメリットがあります。

まず、売値の相場に比べて、非常に安価で取引されることになります。

そのため、家が売れたとしても、住宅ローンの残債が残るケースが多いです。

競売の場合、売却で得たお金は全て住宅ローンの残債に充てられるので、引っ越し費用などは自分の貯蓄から支払う必要があります。

また、競売にかけられた家は物件情報などがインターネット・裁判所で公表されるので、家が競売にかけられていることが知られるという点もデメリットです。

 

任意売却 

様々なデメリットのある競売を回避したいという方は、多くいらっしゃいます。

競売を回避する方法の1つが、任意売却です。

任意売却では、家の所有者の意思で金融機関の合意を得て、競売ではなく一般の方法で家を売却します。

一般の方法で売却できるので、市場価格で家を売ることが可能です。

また、売却後は引っ越し費用などの諸経費も融資してもらえる可能性があるので、競売よりも好条件で家を売却することができます。

 

リースバック

リースバックを利用することも、競売を回避するために有効的な手段です。

リースバックでは、リースバック運営会社に家を売却して、売却したお金で住宅ローンの残債を支払います。

その後、リースバック運営会社と賃貸契約を結ぶことで、今までの家に住み続けることができます。

リースバックを活用することで、月々の支払い金額を一定にすることができ、経済的な負担を抑えられるため、おすすめの方法です。

 

まとめ

競売は、家を売却する手間がかからない一方で、売却価格が市場価格よりも低いなどのデメリットがあります。

そのため、住宅ローンの支払いが難しいと思った時は、任意売却やリースバックの利用を検討してみましょう。

ただし、任意売却やリースバックを利用するには、条件があります。

競売を回避するために、任意売却やリースバックを検討している際は、利用する条件なども含めてプロに相談しましょう。