住宅ローン問題を解決する暮らしの相談窓口 住宅ローン問題を解決する暮らしの相談窓口

相談は無料
相談は無料

0120-281-660受付時間 10:00〜20:00(土日祝可)

住宅ローン地獄!35年ローンが払えない時の防衛策

念願のマイホームを購入するために、35年ローンを組まれる方は多くいらっしゃいます。

しかし、経済状況の悪化・会社の倒産などが原因で収入が減少し、住宅ローン地獄に陥ってしまう場合があります。

では、このような状態になった場合は、どのように対応すればよいのでしょうか?

そこで今回は、35年ローンが払えない時の防衛策についてご紹介させていただきます。

住宅ローン地獄ってどんな状態?

住宅ローン地獄とは、収入の減少や支出の増加など、さまざまな要因によって月々のローンの返済が滞ってしまう状態を指します。

住宅ローンを組む場合、その時点の収入をもとに計算しますが、35年ローンの場合は返済の途中で状況が変化する可能性が非常に高いのです。

そのため、35年ローンを組む際は、余裕のある返済計画を明確にしておき、万が一のことがあっても対応できるような解決策を身につけておくなどの事前準備が必要不可欠です。

 

住宅ローン地獄にならないための防衛策

一口に住宅ローンといっても、金利や手数料は商品によって異なります。

そのため、複数の住宅ローン商品を見比べて、少しでも負担の少ないものを選ぶなどのリサーチが必要不可欠です。

また、変動金利や固定金利についてもそれぞれに特徴があるため、金融機関に相談して、リスクが少ない方を選択するようにしましょう。

また、万が一収入が減った場合に備えて、高額ではない余裕を持った借り入れを心がけることも大切です。

住宅ローンには相応のリスクがあることを理解し、そのうえで少しでもリスクを減らせるように進めることが、住宅ローン地獄にならないための効果的な防衛策といえるでしょう。

 

住宅ローン地獄になった場合の対処法

いくら注意していても、何かしらの要因で住宅ローン地獄になってしまう可能性はあります。

そのような場合は、差し押さえや競売になる前に売却をすることが効果的です。

しかし、売却するとせっかくのマイホームを手放すことになるため、躊躇する方も多いでしょう。

そこで、任意売却とリースバックという方法をオススメします。

任意売却でリースバック会社などに住宅を売却し、売却先と賃貸借契約を結ぶことで、そのまま自宅に住み続けるという方法です。

また、売却によって得た資金で住宅ローンを返済できるため、住宅ローン地獄から抜けられる可能性もあります。

住宅ローン地獄でお悩みの場合は、任意売却やリースバックを検討してみましょう。

 

まとめ

今回は35年ローンが払えない時の防衛策について、ご紹介させていただきました。

不測の事態が起こった場合は、住宅ローンを返済できなくなる可能性があります。

しかし、今回ご紹介させていただいた防衛策・対処法を活用すると、リスクを減らすことができ、仮に住宅ローン地獄に陥った場合でもそのまま自宅に住み続けることができます。

住宅ローンでお困りの方や任意売却やリースバックについて知りたい方は、専門業者に相談してみましょう。