住宅ローンの返済が厳しい時の任意整理や債務整理について

リストラや給与カットなどの予期せぬ事態によって、住宅ローンの返済が厳しくなるケースがあります。

皆様は住宅ローンの返済が厳しい時に活用できる、任意整理や債務整理という言葉を耳にされたことがございませんか?

では、任意整理や債務整理は一体どのようなものなのでしょうか。

そこで今回は、任意整理と債務整理について解説いたします。

 

任意整理・債務整理とは?

任意整理と債務整理は言葉が似ていますが、意味は違います。

債務整理とは、借金を減額したり支払い期間の延長を行う手続きを指します。

大きく分けて4つの手続きがあり、過払い金請求、任意整理、民事再生、自己破産です。

一方で任意整理は、債務整理の手続きの内の1つを指します。

任意整理とは、金利をカットして元本のみを3年程で分割して返済する手続きです。

借金を減額することができますが、ブラックリストに登録されてしまうので、完済から5年はローンなどを組むことができない点に注意が必要です。

 

住宅を維持したい場合

住宅ローン以外に債務が無く住宅を維持したい場合は、金融機関にリスケジュールの相談を行うことで、月の返済額を見直すことが可能です。

例えば、月の返済額を増加させてボーナス払いにする、一時的に利息のみを返済するなど、金融機関よって対応は多岐にわたります。

また、他にも債務がある場合は、住宅ローン特則付き個人再生がおすすめです。

こちらは住宅ローンの支払額をそのままで、他の債務を5分の1にカットできるため、住宅ローンの負担を減らすことができます。

 

住宅を手放したい場合

住宅を手放したい場合は、任意売却という方法があります。

住宅ローンの滞納を続けると最終的には競売にかけられますが、その前に任意売却することをおすすめします。

任意売却では、仲介業者を通して売却を行うため、競売よりも高い価格で住宅を売却することが可能です。

また、近隣の方々に住宅ローンの滞納を知られないというメリットもあります。

このように、住宅を維持したい場合や住宅を手放したい場合であっても、事前知識を得て選択肢を増やしておくことが大切です。

 

まとめ

計画的なライフプランを組んでいても、将来なにが起こるかは予知できません。

そのため、さまざまな要因で住宅ローンが支払えないことに直面する可能性もあります。

そんな時は、住宅を維持するのか・手放すのかなど、状況に合わせて適切な手続きを行うことが重要です。

困ったときは一人で悩まずに、金融機関などに相談して、返済プランの変更や任意売却などを検討してみましょう。