住宅ローン問題を解決する暮らしの相談窓口 住宅ローン問題を解決する暮らしの相談窓口

相談は無料
相談は無料

0120-281-660受付時間 10:00〜20:00(土日祝可)

住宅ローンが払えない時の「任意売却」ってどんな制度?

住宅ローンを組んでマイホームを購入される方は多くいらっしゃいます。

しかし、支払いの途中で収入の減少や怪我・病気、その他不測の事態により、返済が困難になってしまうケースがあります。

このような状態になると支払いが滞納するため、最終的に自宅を失ってしまう可能性もあるのです。

そんな時の対処法として、任意売却を行われる方が多くいらっしゃいます。

今回は、任意売却の概要やメリットについてご紹介いたします。

 

任意売却とは

任意売却とは、金融機関の承諾を得たうえで自宅を売買できるという方法です。

競売は支払いが滞っている債務者の自宅を強制的に売却する仕組みですが、任意売却では債務者の希望を反映しながら一般市場にて不動産を売却することができます。

そのため、任意売却を活用すると支払いが困難になった住宅ローンを返済する際の、大きな手助けになるといえるでしょう。

ただし、手続きを進めるタイミングが遅くなってしまうと任意売却を利用できなくなるため、事前知識を身につけることが大切です。

 

任意売却のメリットは?

任意売却の一番のメリットは、売却金額です。

競売では相場の7割前後という安い金額で売却されてしまいますが、任意売却では相場に近い金額で売却可能です。

さらに、契約日や明け渡し日などの要望を主張できるため、安心して売却できます。

また、競売は裁判所やインターネットで広告されてしまうので、近隣住民の方々に事情を知られてしまう可能性もあります。

しかし、任意売却は通常の売却と同様の方法で行われるため、近隣住民の方々に事情を知られる心配がありません。

このように、任意売却にはさまざまなメリットがあるのです。

住宅ローンが払えない時は任意売却を活用したほうがいい?

住宅ローンの返済が困難になった場合は、任意売却という方法を活用することをオススメします。

任意売却は先述したメリットだけではなく、リースバックという方法と組み合わせることで、売却後も自宅に住み続けることが可能です。

リースバックとは、売却先と賃貸借契約を結んで家賃を支払うことで、そのまま自宅に住み続けるという方法です。

任意売却により自宅をリースバック会社に売却することで、住宅ローンの返済後も引越しをせずに済みます。

住宅ローンの支払いに悩まされていて、自宅から引越しをしたくない方は、任意売却とリースバックを検討してみてください。

 

まとめ

今回は任意売却の概要やメリットについて、ご紹介させていただきました。

任意売却という言葉は日常生活で聞く機会が少ないですが、住宅ローンの支払いが困難になった際にとても役に立つ方法です。

ただし、任意売却を行う場合は、正しい知識と手順を知っておく必要があります。

任意売却を検討する際は、専門業者に相談して適切なタイミングで行いましょう。