住宅ローン問題を解決する暮らしの相談窓口 住宅ローン問題を解決する暮らしの相談窓口

相談は無料
相談は無料

0120-281-660受付時間 10:00〜20:00(土日祝可)

フラット50の返済がやばい!解決方法について

マイホームの購入のために住宅ローンを組む場合、返済期間として35年を目途に検討される方が多くいらっしゃいます。

しかし、実はそれよりも返済期間が長い50年で住宅ローンを組むことができるフラット50というものがあります。

50年でローンを組んだ場合、その期間の間に何かしらの要因によって返済が困難になってしまうこともあるかもしれません。

今回は、フラット50の返済が困難な場合の解決方法についてご紹介させていただきます。

フラット50って何?

フラット50とは、住宅金融支援機構が扱っている返済期間の最長が50年の長期固定金利の住宅ローンのことです。

申し込み条件としては、申し込み時の年齢が満44歳未満であること、日本国籍の方・永住許可を受けている方のみといったものがあります。

また、フラット50によって借り入れた資金の使用用途は、本人もしくは親族が住むための長期優良住宅の建築費用か、購入費用のみと定められています。

長期優良住宅とは、耐震性や省エネが一定の基準を満たした住宅のことです。

つまりフラット50は、毎月の返済額を抑えつつ、安全かつ快適な住宅を購入することができるといったメリットがあるのです。

フラット50にデメリットはあるの?

一般的な住宅ローンと比べても返済期間が長いフラット50は、毎月の負担が少ないものの利息が高くなるため、総返済金額が多くなるといったデメリットがあります。

また、50年という非常に長期間での住宅ローンであるため、経済状況の悪化などさまざまな要因で返済が困難になってしまうケースも多々あります。

さらに、定年を迎えた後でも返済を続ける必要があることから、収入が減っても返済を続けていかなければいけないという精神的な負担も大きいでしょう。

そして、フラット50の最大のデメリットは、借り換えができないという点です。

返済の途中で計画的な借り換えができないため、ローンを組む段階で完済を見据えた詳細かつ緻密な返済計画を考えなければいけません。

このようなデメリットにより、他の住宅ローンよりも返済が困難になる状況が発生しやすいのです。

 

フラット50の返済が困難になったら

フラット50の返済が困難になった場合、任意売却とリースバックという方法がオススメです。

任意売却は競売とは異なり、市場価格に近い金額で物件の売却ができます。

また、リースバックを利用することで、売却後でもそのまま自宅に住み続けることが可能です。

売却によって発生した売却益で住宅ローンを返済し、残りの売却益で家賃を支払いつつも引越しをすることなく今までと変わらない生活を送れるため、万一の場合には任意売却とリースバックの利用を検討しましょう。

 

まとめ

フラット50の返済が困難な場合、早めに行動すればさまざまな対応策があります。

その中でも、ローンを返済しつつまとまった資金が得られる任意売却とリースバックはオススメです。

ただし、売却益がフラット50の残債を超える必要があるため、事前に金融機関や不動産会社に相談して、慎重に決めることが大切です。