無理して家を買った結果、家計が苦しい方必見の対処方法


家族で住む夢のマイホームの購入は、多くの方にとっての憧れです。
しかし中には高い自宅を無理して買った結果、住宅ローンが家計を圧迫し、悩んでいる方もいらっしゃいます。
自己破産した方のおよそ2割が、住宅ローンの支払いが原因であるとされているほど、住宅ローンによる家計の圧迫は非常に厄介な問題です。
今回は、無理して買った家の住宅ローンにお悩みの方に向けて、対処方法をご紹介させて頂きます。

無理して家を買ってから家計が苦しくなる原因

自宅を購入する際に、住宅ローンの試算や返済予定表の確認を行います。
それらを見て実際に払っていけそうかを判断してから自宅の購入を決める方がほとんどですが、実は購入した家にかかる費用は住宅ローンだけではありません。
長く住んだ家であれば水回りなどの設備の故障の際の修理費、外装の塗り替えやクロスの張り替えなどのメンテナンス費用、固定資産税などの税金の支払いなど、様々です。
このような出費があるため、住宅ローンを毎月払えると思っていても、出費がかさむケースが多々あります。
さらに、怪我や病気、転職などといった環境の変化によって収入が減るといった場合も考えられるでしょう。
自宅を購入する際には、住宅ローンだけでなく、将来のリスクまで考慮する必要があるのです。

苦しい家計を解決するにはどうすればいい?

住宅ローンを支払うことができない状態が続くと、最終的に差押や競売などを経て自宅を失うケースがあります。
このような状況に陥らないためにも、事前の対策が必要不可欠です。
対策としては、金融機関に相談をして返済計画の見直しや、返済期間の調整をしてもらうなどが挙げられます。
一番してはいけないことは、事前の相談もなく住宅ローンの支払いをしないことです。
住宅ローンの圧迫で家計が苦しい場合には、まずは金融機関に相談をしましょう。

任意売却やリースバックという解決案

住宅ローンが家計を圧迫してお悩みの場合には、任意売却とリースバックを行うことをオススメします。
任意売却とは、金融機関から承諾を得たうえで自宅を売却するという方法です。
そのうえで、自宅の買主と賃貸者契約を結び、自宅だった家を貸家として毎月の家賃を支払いながら住み続けることをリースバックといいます。
自宅を売却することによって得たお金を家賃に当てることができます。
さらに、数年後に生活に余裕ができた場合には一度売却した自宅を買い戻すことができるのもリースバックの特徴です。
家計を圧迫する住宅ローンにお悩みの方は、任意売却やリースバックといった解決案も検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、無理して買った家の住宅ローンへの対処方法をご紹介させて頂きました。
自宅を購入した時と現在では家庭状況も経済状況も大きく変わってしまう場合がほとんどです。
そうした状況に備えて、対策案を今のうちに考えておくと、いざという時に役立つでしょう。
家計を圧迫する住宅ローンのお悩みの方は、任意売却やリースバックという選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。