離婚後でも持ち家に住み続ける方法は?


離婚をする場合には様々な手続きや取り決めが必要です。
その中でも厄介な問題といえば、持ち家をどうするかということでしょう。
お互いの意見が一致している場合であれば大きな問題にはなりません。
しかし、一方が売却を希望し、もう一方が持ち家に住み続けたいと希望すると話はなかなかまとまらないでしょう。
こうした場合にはどんな解決方法があるのか気になる方も多いはずです。
そこで、今回は離婚後でも持ち家に住み続ける方法についてご紹介させて頂きます。

離婚後でも持ち家に住みたいと考える理由

離婚後でも持ち家に住み続けたいと考える理由は様々あります。
例えば、思い出の詰まった持ち家を手放したくないという場合です。
持ち家を購入した時やその後の生活を懐かしく思い、その思い出を大切にしたいと考える方も多くいらっしゃるでしょう。
また、持ち家に住み続けたいと考える動機がお子様である場合もあります。
持ち家を手放して別の場所に住んでしまうと、お子様の転校が必要なってしまうこともあるでしょう。
そうなると、友人との別れによる寂しい思いをさせてしまったり、生活リズムが変わることによるストレスなどが考えられます。
このように、持ち家を手放すという選択肢ができない場合もあるのです。

持ち家に住み続けることができる任意売却

それでは、離婚をしてお互いの意見がまとまらない場合にはどうすればいいでしょうか。
実は、任意売却とリースバックをうまく活用することで解決が見込める場合があるのです。
任意売却とは、住宅ローンの貸主である金融機関の同意を得て、持ち家を売却する方法です。
そして、持ち家を購入した方と賃貸契約を結び、賃料を払いつつもそのまま住み続けることをリースバックといいます。
この方法を活用することによって、持ち家の売却とそのまま住み続けるという双方の要望を叶えることができるのです。

任意売却のポイント

持ち家の売却とそのまま住み続けることを同時に叶える任意売却やリースバックですが、事前に抑えておくべきポイントがあります。
まずは、持ち家の名義人の確認です。
名義人を知っておくことで、離婚後の支払いの義務について知ることができるでしょう。
また、任意売却やリースバックを行う場合には、記名や捺印も必要であるため、必ず確認しておきましょう。
次に、離婚後のお互いの連絡先と住所は把握しておくことが大切です。
住宅ローンの返済状況やその後の手続きに備えるために必要な情報です。
これら以外にも、確認しておくべきことや話し合いをするべきポイントは多くあるため、事前に準備をしてから任意売却やリースバックを検討しましょう。

まとめ

今回は、離婚後でも持ち家に住み続ける方法についてご紹介させて頂きました。
離婚の際には、住宅ローンの支払いや持ち家をどうするかについて、意見がまとまらない場合が多々あります。
こうした場合には、必ず簡単には解決できない原因があるため、話し合いだけではうまくまとまりません。
その時には、売却もそのまま住み続けることもできる任意売却やリースバックを検討しましょう。
今回ご紹介させて頂いたお話が、離婚時のトラブル解決の役に立つことができれば幸いです。