名古屋にお住まいの方必見!住宅ローンが残っている家を任意売却できるの?

「住宅ローンを毎月支払うのがかなり難しくなってしまった」
「家を売ったとしても住宅ローンがまだある、どうしよう…」
このようにお悩みの方はいませんか?
きちんと返済計画を立てながら住宅ローンを組んでいたとしても、思いがけないトラブルが起こるなどして払い続けられなくなってしまうという状況は珍しくありません。
そのような状況の方の選択肢の一つが、今お住いの家を任意売却することです。
「売却」という言葉を聞くと「住宅ローンが残っていたらできないのでは?」と不安に思う方もいるでしょう。
そこで今回の記事では、任意売却をした際、もともとお住まいだった家の住宅ローンはどのような扱いになるのかについて、詳しくご紹介します。

□任意売却した後、今までの住宅ローンは?

通常では、住宅ローンが残ったままの家を手放したとしても、その未払いのローンまで手放せるわけではありません。
本来であれば家をローンが残った状態で売れないのです。
しかし、任意売却を行うことで、現在抱えている負担を少しでも減らせる可能性があるのです。
まず任意売却した際、本来払わなければならないのは「まだ返済していない住宅ローンの金額から、家を売って得られた金額を引いた金額」です。
大抵の場合は家を売ったとしても払うべき金額は残ってしまいます。
この金額を他の会社に払ってもらい、そこへ代金を返済していくのが任意売却です。
毎月どのような方法で返済していくのかについては、その会社と相談・交渉して無理の無い計画を立てて決めます。
そのため、任意売却することで今の負担を減らせるのです。
このように残ったローンの分のお金を借りる方法では、そこに担保は必要ありません。
しかし、無担保だからこそ、返済する意思がきちんとあるということは示すようにしましょう。

□任意売却はどれくらい費用が必要なの?

当社では、任意売却の際にお客様に費用を負担していただくことはありません。
それは当社が不動産業であり、仲介手数料のみしか受け取れないためです。
本来はこの仲介手数料もかかってしまいますが、当社の場合、家を売却した際の金額から控除しております。
そのため、費用がかからずに任意売却できるのです。

□まとめ

今回の記事では、住宅ローンを支払えなくなってしまった方に役立つ任意売却について詳しくお話しました。
住宅ローンをトラブルで払えなくなった場合には、任意売却することでご自身の現在の負担を減らせる可能性があります。
名古屋市で任意売却をご検討されている方はいませんか?
当社では、任意売却をご検討されている方の相談も行っております。
ぜひお気軽にご相談ください。