任意売却で住宅ローン滞納を解決する方法とは?愛知の専門業者が解説!

「住宅ローンを滞納してしまった。」
「解決の方法がわからない。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
実際、どうやって解決したら良いのかわからないですよね。
そこで今回は、住宅ローン滞納の解決方法を詳しく解説します。

□住宅ローンを滞納するとどうなるの?

*2ヶ月間滞納すると?

住宅ローンを滞納すると、まず「代位弁済手続き開始の予告」が届きます。
これには、「住宅ローンの未返済分のお金を一括で払いなさい」、という内容が書かれています。
また、「全額を一括で返せない場合、不動産を競売にかける」とも書かれています。
つまり、お金を全額一括返済するか、家を競売にかけるかを選べという意味です。

*3ヶ月間滞納すると

「代位弁済手続き開始」が通知されます。
これにより、今すぐ返済しなければ、家を競売にかけられます。
ここで返済ができない場合、事務的な処理として家を競売にかけられます。
競売の入札が始まったら、もう手立てがありません。
その後居住し続けると、不法占拠者になってしまいます。
では、どのようにすれば競売を避けられるのでしょうか。

□解決の糸口は任意売却!

家を売却する場合、「通常売却」を行います。
通常売却とは、残りのローンを全額返済できるように、家を売却することです。
この売却方法だと、銀行との細かな打ち合わせは要りません。
しかし、住宅ローンを滞納している場合、通常売却はほとんど不可能です。
実際は、任意売却を行います。
それでは任意売却とは何か見ていきましょう。

*任意売却とは


任意売却とは、住宅ローン滞納の際、銀行とかけあって行う売却方法のことです。
任意売却を行えば、あなたにとって不利な要素が多い競売を回避できます。
任意売却では、家を市場価値に近い価格で売却できたり、売却のスケジュールを決められたりします。
また、リースバックをすれば、居住し続けることもできます。

*任意売却のタイミング

任意売却を行うには、競売の入札が始まる直前までに手続きを完了しなければなりません。
だからといって、銀行から届く通知を無視してはいけません。
銀行は必ず保険会社に全額保証してもらえるため、損をするのは通知を無視した方だけなのです。

□まとめ

今回は、住宅ローンを滞納した際の解決方法を解説いたしました。
滞納し続けると競売にかけられ、不利な条件で家を売らなければいけません。
任意売却を行うことで、その後が楽になるかもしれません。
そのため、通知を受け取ったら、一度業者に相談してみると良いでしょう。