家の住宅ローンが払えないときの解決策を紹介

「転職でお金がない」
「けど、住宅ローンが…」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
確かに、住宅ローンとなるとかなりのお金がかかってくるので支払いが困難になる人も多いと思います。
また、住宅ローン以外の支払いに追われている人も多いでしょう。
そこで、今回は住宅ローンが支払えないときの解決策として任意売却について紹介します。

□任意売却とは

任意売却は住宅ローンなどを返すことができなくなったときに、売却した後も残ってしまう不動産を金融機関の合意を得て売却することを言います。
また、任意売却とよく間違われる言葉として、競売があります。
競売は債務者が返済できなくなったときに債権者が債務者の所有する不動産を裁判所などの管理下で強制的に売却してそれを返済に当てる行為をいいます。

□任意売却をするメリット

*経済事情がばれない

競売の場合は裁判所やインターネットを通じて広告されてしまいます。
そのため、友人や知人、ご近所さんに自分の経済事情が知れ渡ってしまう可能性があるのです。
しかし、任意売却の場合は通常の販売方法で取引することができるので、自分の経済事情が世間に知れ渡ることはありません。

*競売よりも高値で売れる

任意売却は市場価格でやりとりされるので競売よりも高値で売れる可能性が高いです。
しかし、競売は市場価格でやりとりされないのに加えて、いくらで売れるのかわからないので不安が残ります。

*引っ越し費用の控除

引っ越しを考えている方は任意売却をすることによって、引っ越し費用の一部を売却代金の中から控除してもらえる可能性があります。
そのため、引っ越しの費用が軽減されるので、金銭的に困っている方にはおすすめです。

*引っ越しの時期を相談できる

任意売却の場合は引っ越しの時期を柔軟に相談することができます。
また、任意売却の期間中は返済の義務もなく住み続けることもできるので安心です。
しかし、競売と比べると短期間で引っ越しを済まさないといけないので、そこには注意が必要です。

□まとめ

今回は住宅ローンが払えないときの解決策として任意売却について紹介しました。
競売になると、任意売却に比べて売却価格が安くなります。
また、会社や知人の人に競売したことが知れ渡ってしまう可能性もあります。
そういった点で競売よりも任意売却の方がおすすめです。
また、こういった住宅ローンにお悩みの方はぜひ私たちにご相談ください。
そのお悩みを解決するためのお手伝いをすることができます。
お待ちしております。