住宅ローン問題におけるリースバック解決例

あるご家庭がいました。住宅ローンを組み自宅に住み続けて10年。
来年長女は小学生に上がり、同じ時期に三人目の出産も予定しています。

大手企業に勤めるご主人

ご主人は大手企業に勤めており、収入も高収入でかつ安定しており、10年前住宅ローンを組む際もスムーズに審査を通りました。若くしてマイホームを購入。子宝にも恵まれ、表面上は何不自由なく生活を送られているように思えます。

しかし、このご家庭が住宅ローン問題を抱えてしまうことになります。

父親の介護

3年前からご主人のお父様が介護を必要とするようになりました。お父様は遠方に住んでいて、ご主人自ら介護することが難しく、お母様とヘルパーさんが交互に介護をすることになりました。その後もご主人は多忙な日々から実家に帰れずにいたのですが、ある日介護疲れのせいでお母様の方が倒れてしまいました。
その出来事をきっかけに、ご主人は両親に介護施設への入所を勧めました。ご主人はこれまで実家に帰れてなかったことに申し訳なさを感じており、両親の年金で足りない入所施設の月額費を支払うと約束しました。ご主人は今まで以上に毎月15万円の費用が必要となりました。

一般的な家庭の生活が、月15万円がなくなることで、生活が一気に苦しくなりました。両親のためのお金なので、どうしようもできずに日々が経ち、次第に住宅ローンの返済が難しくなってきました。同時に自宅の売却を考えましたが、来年は長女は小学生に上がり、第三子が産まれるので、どうしても引越したくありませんでした。

不動産のリースバック


そこで、友人に「リースバック」を薦められました。
リースバックとは、マイホームを売却して、買い手(大家さん)に賃料を支払う事で継続してご自宅を利用できる有効な解決手法です。
結果的にご主人は奥様を説得して、このリースバックを選択しました。
リースバックをしたことで自宅の名義は変わりましたが、同じ自宅に住宅ローンより安い家賃で住み続けることができました。どこかのタイミングで、大家さんから自宅を買い戻す事ができるよう、今は家族で協力されています。
当社『ライフリノベーション』について
リースバックで問題を解決されたご相談者様の声はこちら