住宅ローンをお得に完済する方法とは?


35年で住宅ローンを組んだ場合、毎月の返済額を考慮しながら計画的に返済する必要があります。
しかし、35年の住宅ローンにかかる利息は、大きな金額になってしまうでしょう。
そのため、住宅ローンを可能な限り繰り上げ返済を行い、負担を減らしたいと考える方も多いのではないでしょうか。
繰り上げ返済には、大きく分けて返済期間短縮型と返済額軽減型の2つの方法があります。
今回は、住宅ローンをお得に完済する繰り上げ返済の方法についてご紹介させて頂きます。

住宅ローンをお得に完済する返済期間短縮型

まとまったお金で繰り上げ返済を行う場合、毎月の返済額に変化はない代わりに返済期間を短くすることができるのが、返済期間短縮型という方法です。
返済期間短縮型は、短縮した返済期間に支払うはずだった利息がお得になります。
また、返済期間短縮型はローン完済後に恩恵を感じることができるため、恩恵の実感が得られるタイミングは遅くなるでしょう。
しかし、この方法は利息を軽減させて住宅ローンをお得に返すには、有効な方法なのです。

住宅ローンをお得に完済する返済額軽減型

返済額軽減型は、返済期間短縮型とは異なり返済期間に変化はないものの、毎月の返済金額を引き下げることができます。
返済額軽減型は、実質的に毎月の返済額が下がるため、住宅ローンによって生活が圧迫されている方に有効な方法です。
そのため、返済額軽減型は繰り上げ返済を行った恩恵を、すぐに感じることができるでしょう。

住宅ローンをお得に完済するために

住宅ローンには利息がかかってしまうため、お得に返済をするのであれば、繰り上げ返済が有効な手段です。
しかし、それにはまとまったお金が必要になります。
多くの方は、自身の退職金を住宅ローンの返済に充てることが多いとされています。
住宅ローンがあると、将来のリスクに対して敏感になってしまうため、落ち着くことができないでしょう。
住宅ローンの早期返済やお得な返済を検討される場合は、繰り上げ返済を行い、少しでも支払い金額を抑える方法をオススメします。

まとめ

今回は、住宅ローンをお得に完済する繰り上げ返済ついて、ご紹介させて頂きました。
住宅ローンは、自宅を買うために必要なものとはいえ、なるべく早期に返済してすっきりさせたいものでしょう。
しかし、それにはまとまったお金が必要になります。
まとまったお金を得る機会がないものの、早期に住宅ローンを返済したいと考えている方には、悩ましい問題です。
そこで、任意売却とリースバックという方法をオススメします。
任意売却とは、借入先である金融機関からの承諾を得て、投資家や親族などに自宅を売却する方法です。
また、任意売却によって自宅を売却した後、その自宅の買主と契約を結んだうえで賃貸物件としてその家に住み続けることを、リースバックといいます。
この方法でまとまったお金を得ることで、住宅ローンを返済することができます。
また、将来お金を貯めて売却した家の買戻しができることもリースバックの特徴です。
住宅ローンの早期支払いを検討される場合は、任意売却やリースバックという方法を検討してみてはいかがでしょうか。