住宅ローン滞納の督促状と催告書の違い

家のローンが返済途中に何かしらの理由で返済が困難になってしまった場合、滞納期間が続くとゆくゆくは自宅が競売物件となり強制的に売却されてしまいます。とはいえ、払えなくなった翌月に急に競売物件になるわけではなく、段階を踏んでいくことになります。その段階の途中で自宅に送られてくるのが「督促状」と「催告書」です。
「督促状」と「催告書」と聞いてもどちらが重要性の高いものが一目では分かりにくいですよね。
今回は住宅ローン滞納の督促状と催告書の違いについて解説してまいります。

督促状と催告書の違いについて


督促状と催告書と住宅ローンを滞納している状態に受け取るものです。
住宅ローンの返済が数ヶ月も滞ってしまうと、まず、「督促状」が金融機関から届きます。「返済が未入金になっていますのでお支払いください」というニュアンスで、金融機関も「何らかの理由で期限に料金が支払われなかったんだね。」という理解をしている段階です。
しかしながら、これらを無視するなどして住宅ローン問題の解決を放置、新たな返済計画を立てないでいると、次に届くのが「催告書」です。こちらは金融機関が債務者からの支払いがこれ以上見込めないと判断し、強制執行を前提とした意味合いで送られてくるものです。文面も「これ以上知らないが滞ると法的手段を検討せざるをえません」と深刻なニュアンスになってきます。

このように督促状と催告書の違いは、強調性の違いで督促状より催告書の方がはるかに重要性が高いものになります。いわゆる催告書は支払いを迫る「最終勧告」になります。金融機関によっても異なりますが、基本的にはこの段階で延滞金を支払っても住宅ローンを元の状態に戻すことは難しいでしょう。

督促状が届いた時点で


催告書が届く前段階の督促状の時点で、指定されている期限に支払いを済ませておく必要があります。とはいえ、それでも返済が難しい場合には連絡先に支払えない状況を説明し、分割支払いや支払期限の猶予などの打開策を提話し合いましょう。一番やってはいけないことは無視することです。無視をしているうちに段階はエスカレートしていき、催告書や最終勧告、競売と進んでいきます。金融機関からの心象も悪くなるので不利に物事が進んで行く可能性もありますので、その点も踏まえてきちんと連絡をしましょう。

任意売却で解決


もし催告書が届いてしまい、自宅が競売になるまで時間の問題となりましたら「任意売却」という選択肢をご検討ください。弊社は、あなたのご自宅が競売物件になるのを避ける為、各債権者への競売申し立ての取り下げを交渉し、任意売却手続きによって問題解決のお手伝いをさせていただいています。

弊社ライフリノベーションはお客様の求めるより良い先を共に見つけていくことを心がけています。
お客様の思いは十人十色です。私どもはその思いに沿ったご提案をすることをお約束します。
ご相談者様の声はこちら
当社『ライフリノベーション』について