住宅ローン返済中に支払えなくなるケースと団信以外の保険は


住宅ローンを組んだ場合、その後30年から35年間は返済していく必要があります。
しかし、その時期に予想外のトラブルによって、支払いできなくなってしまう可能性があります。
このようなリスクを考えて、多くの方は住宅ローンについて、消極的になってしまいがちです。
そんな方に向けて、現在では団信と呼ばれる保険や、その他心強い保険がいくつも登場しております。
今回は、そんな団信をはじめとする様々な保険や、住宅ローン返済中に支払えなくなるケースについてご紹介させて頂きます。

団信とはどんな保険?

住宅ローンについて検討していると、団信という言葉をよく目にするでしょう。
しかし、具体的にそれがどんなものか分からない方も多いでしょう。
団信の正式名称は「団体信用保険」というものです。
この団信は、住宅ローンの債務者が住宅ローンの返済期間の間に死亡、もしくは高度障害状態になった場合に、残債が完済されるという保険です。
この保険により、債務者に不幸があった場合において、その家族などに残債の支払い義務が生じないようにすることができます。
また、この団信には様々な種類あり、死亡や高度機能障害に加えてがん・脳卒中・急性心筋梗塞、三大疾病保証付団信や、夫婦の収入を合算して契約する夫婦連生団信などがあります。
このように、団信の種類や免責事項などを調べて、慎重に検討することが重要です。

万が一に備えて加入しておきたい保険

住宅ローンを組む家庭にとって、債務者の不幸は非常に恐れるべき事態です。
このような事態に備えて、団信への加入は有効とされています。
しかし、団信以外にも頼りになる保険が数多くあります。
例えば、保険会社が定める就業不能状態になってしまった場合に給付金を受け取ることができる就業不能保険や、万が一の場合に保険金を受け取ることができる生命保険などです。
生命保険は多くの方が加入していますが、住宅ローンを組む機会にその内容の見直しを検討することをオススメします。
また、現在では手厚いサービスの保険が数多く登場しているため、万が一に備えて団信や保険の新規加入、見直しでリスクに備えておきましょう。

住宅ローン返済中に支払えなくなるケース

住宅ローン返済中に、支払いできなくなるケースは多々あります。
例えば、病気や事故によって債務者が亡くなってしまう場合、もしくは長期入院や療養によって収入が減ってしまう場合です。
このようなケースでは、保険の保障対象になることが多いでしょう。
また、経済状況の悪化や会社の倒産、もしくは転職などの環境の変化によって収入が減ってしまう場合もあります。
このような場合は、保険の対象にならないケースもあるため、注意が必要です。

まとめ

今回は、団信やその他保険で住宅ローン返済中に支払えなくなるケースについてご紹介させて頂きました。
病気や怪我であれば、加入している保険の対象になるかもしれません。
ただし、免責対象になるケースもあるため、過信しすぎることはオススメできません。
また、環境の変化によって収入が減ってしまう場合は、深刻な事態に陥る前に、対策を講じる必要があるのです。
もし、住宅ローンの支払いができなくなってしまった場合は、任意売却とリースバックという方法をオススメします。
金融機関からの承諾を得たうえで親族や投資家などに自宅を売却する任意売却を行い、その後買主と契約を結ぶことで、賃貸物件としてその家に住み続けるリースバックという方法があります。
この方法を利用すると、任意売却で得たお金で住宅ローンを返済しつつ、自宅に住み続けることも可能です。
住宅ローンの支払いが困難になってしまった場合は、任意売却やリースバックという方法を検討してみてはいかがでしょうか。