債務整理について「良い弁護士と悪い弁護士の見極め方」

弁護士の仕事内容は幅が広く、知り合いの人が「良い弁護士紹介するよ」と言ってくれても、弁護士にもそれぞれ得意分野が異なりますので、そう簡単に紹介で決めるわけにもいきません。
今回は債務整理をお願いする際、どのような弁護士にお願いすれば良いかを解説していきます。あなたの弁護士選びを失敗させないためにも、良い弁護士と悪い弁護士の見極め方を知っていただき、より良い弁護を受けてください。

債務整理とは


債務整理とは借金の額を減らし、重い金利負担から解放される手続きです。
借金が問題で精神的に苦しみ、なかには自殺や夜逃げをされる方も少なくありません。そのため弁護士に相談して借金の整理をすることで、現状の改善を目指します。

では、今回のテーマ「良い弁護士と悪い弁護士の見極め方」についていくつか挙げていきます。

面談をしてくれるかどうか


依頼時に弁護士がきちんと面談してくれるかどうかを確認しましょう。
ひどい事務所では、相談者の見えないところで事務員がマニュアル通りに業務をこなしているところもあります。そのため、きちんと面談して、相談の話を真摯に耳を傾けてくれる弁護士を選びましょう。

費用が曖昧

費用の説明が曖昧でよくわからない事務所も避けた方が良いです。
最初の時点で報酬額はいくらになるか、着手金はいくらなど料金をきちんと説明してくれる事務所にしましょう。そして追加費用が発生した場合には都度連絡をくれるかどうかも確認しておきましょう。

借金問題専門の弁護士か


弁護士にも得意分野があります。
債務整理を主に担当していない弁護士に依頼した場合、費用が高かったり、解決に時間がかかったりします。債務整理をお願いするなら借金問題を得意とする弁護士にお願いすることが最適な選択でしょう。

以上のことを念頭に置いて、弁護士選びを行ってみてください。

お読みいただきありがとうございました。