住宅ローン問題を解決する暮らしの相談窓口 住宅ローン問題を解決する暮らしの相談窓口

相談は無料
相談は無料

0120-281-660受付時間 10:00〜20:00(土日祝可)

病気で住宅ローンが払えない!?返済が苦しい時の対処方法を解説

病気は、いつ自分の身に起こるのか予測することができません。

しかし、住宅ローンを組んでいる場合は病気になって収入が減ったとしても、支払いを続ける必要があります。

住宅ローンの支払いが困難になる原因の多くは、離婚・転職などの環境の変化が多いですが、それらに次いで多い原因が病気なのです。

そこで今回は、病気で住宅ローンが払えない時の対処方法について、ご紹介いたします。

病気で住宅ローンが払えない時に役立つ制度

万が一の病気に備えられる保険として、団体信用生命保険というものがあります。

団体信用生命保険とは、仮に契約者が返済期間中に亡くなった場合、もしくは重度の障害を負った場合、残ったローンが免除されるという保険です。

この制度を利用することによって、万が一の時に家族が住宅ローンの返済に追われることがなくなるのです。

他にも、住宅ローン返済支援保険というものがあります。

住宅ローン返済支援保険とは、病気や怪我によって30日以上の療養が必要な場合に、返済のサポートをしてくれる制度です。

このように、病気になった際に役立つ制度が存在しているため、金融機関などで早めに相談してみましょう。

病気で住宅ローンが払えない時はどうすればいい?

病気に備えるために役立つ制度は存在しますが、条件がある点に注意が必要です。

そのため、仮に制度が利用できない場合は、医療保険の活用をオススメします。

保険商品によっては、大きなお金を受け取れるケースもあるので、チェックしてみましょう。

ただし、それでも返済が難しい場合は、金融機関に相談することをオススメします。

もし返済できないまま住宅ローンを滞納してしまうと、最悪の場合自宅を差し押さえられるため、早めの対策を心がけましょう。

任意売却やリースバックがオススメ

さまざまな方法を試しても返済が厳しい場合は、任意売却とリースバックを検討してみましょう。

通常、自宅を売却するとまとまったお金が手に入るものの、その家に住み続けることはできなくなります。

しかし、任意売却によって自宅をリースバック会社に売却し、その後リースバック会社と賃貸借契約を結ぶことで、売却後も自宅に住み続けることが可能です。

住宅ローンを払えない状況であっても、資金が必要で自宅も手放したくないという方は、任意売却とリースバックがオススメです。

 

まとめ

今回は、病気で住宅ローンが払えない時の対処方法について、ご紹介させていただきました。

住宅ローンを組むときに病気になるかどうかを予想することは難しいので、病気になっても返済できるような対処方法を事前にチェックしておくことが大切です。

万が一の時に活用できる制度を知っていると、自宅に住み続けることも可能です。

もし住宅ローンの返済が困難であれば、任意売却とリースバックを検討してみましょう。