住宅ローン問題を解決する暮らしの相談窓口 住宅ローン問題を解決する暮らしの相談窓口

相談は無料
相談は無料

0120-281-660受付時間 10:00〜20:00(土日祝可)

住宅ローン返済で30代家計が苦しい件について

念願のマイホームを購入したものの、住宅ローンの返済に頭を抱えている方は多いです。

特に30代で出産によって家族が増えたり、景気の悪化によって支出の増加・収入の減少が起きたりなど、さまざまなトラブルが考えられます。

このような状況に陥った場合には、早急に対処しなければいけません。

そこで今回は、住宅ローンの返済でお悩みの30代の方に向けて、解決に役立つ案をご紹介させていただきます。

 

住宅ローンの返済で家計が苦しい原因は?

住宅ローンの返済で家計が苦しい場合、それ以外で出費がかさんでいる可能性があります。

30代の方の中には、ギャンブルといった不要な出費を重ねている場合や、クレジットカードによる無計画な買い物を行っている方もいるかもしれません。

また、給料をしっかりと管理して出費を抑えているにも関わらず、住宅ローンが家計を圧迫している方も多くいらっしゃいます。

この場合には、何かしらの収入の減少によってマイホーム購入時よりも年収が下がってしまったことや、希望の物件を購入するために少し無理をしてローンを組んでしまったなどの原因が考えられるでしょう。

 

家計が苦しい時にはどうすればいい?

家計が苦しい場合には、まずは家計簿をつけて支出を把握することをオススメします。

不要な出費が重なれば、それによって住宅ローンの支払いも困難になってしまうでしょう。

自身のお金の動きを把握することによって、無駄をなくすことにつながります。

ただし、収入の減少などの支出を把握しても解決が困難な状況であれば、一度金融機関に相談しましょう。

金融機関に相談することによって、借り入れ条件の見直しや期間の延長、場合によっては一定期間の支払いの猶予など、対策を検討してくれるかもしれません。

 

住宅ローンの悩みを解決するために

住宅ローンの悩みは、ローン完済まで続くでしょう。

もしも経済的に余裕があり、まとまった資金があればすぐに返済したいという方も多いのではないでしょうか。

そこで、任意売却とリースバックという方法をご紹介させていただきます。

任意売却とは、住宅ローンの返済が困難な際に、金融機関に了承を得たうえで自宅を売却するという方法です。

この方法によって、リースバック会社などに自宅を売却した後に賃貸借契約を結ぶことをリースバックといいます。

これらの方法を行うことによって、売却した資金で住宅ローンの返済が可能です。

住宅ローンで家計が苦しくなった場合には、任意売却とリースバックの利用を検討してみましょう。

 

まとめ

マイホームの購入は、多くの方が目標にしていることの1つです。

しかし、マイホームを購入してもその後のローン返済が大きなネックになってしまう方もいるでしょう。

任意売却やリースバックによって問題が解決できる可能性もあるため、住宅ローンの返済にお悩みの際には、利用を検討することをオススメします。

弊社では「誰のため、何のため、人生再建のための正直提案」をモットーにお客様のためを第一に考えて住宅ローン問題解決に取り組んでおります。

まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

住宅ローン問題を0円で早期解決についてはこちらをクリック

会社概要はこちらをクリック