住宅ローン問題を解決する暮らしの相談窓口 住宅ローン問題を解決する暮らしの相談窓口

相談は無料
相談は無料

0120-281-660受付時間 10:00〜20:00(土日祝可)

住宅ローンが払えなくても家を売る方法は?

住宅ローンを組んでマイホームを購入したものの、支払いができなくなったという方は多くいらっしゃいます。

その原因はコロナウイルスによる収入の減少や、怪我・病気などによって働けなくなったなど、さまざまです。

このような状況に陥った場合、家を売却してその資金で住宅ローンを返済しようと考える方もいるでしょう。

しかし、住宅ローンが払えなくても家を売却することはできるのでしょうか。

そこで今回は、住宅ローンが払えなくても家を売る方法についてご紹介させていただきます。

住宅ローンが払えなくても家を売れるの?

住宅ローンの残債が残っている家を売ることは、可能です。

売却には一般売却と任意売却の2種類があります。

住宅ローンの残債と売却した金額、売却するタイミングによってどちらが適しているかは変わります。

ただし、住宅ローンを滞納したまま放置していると、売却することができなくなってしまうため注意が必要です。

適切なタイミングを見定めて売却を行うようにしましょう。

 

どのタイミングで売却を検討するべき?

住宅ローンを長期間滞納していると、金融機関が裁判所を通して競売の手続きを進めます。

競売が進められると、強制的に家を売却されてしまうため、そこに住むことは不可能になります。

さらに、売却した金額は相場よりも安いため、完済できないケースもあるのです。

そのため、売却は競売の手続きが進む前に行うべきだといえるでしょう。

しかし、滞納していると、時間が経てば経つほど状況が悪化していくため、売却はなるべく早いタイミングで検討することが大切です。

 

住宅ローンが払えない状態で家を売る方法

住宅ローンが払えない状態で家を売る場合には、任意売却をオススメします。

任意売却とは、債権者の同意を得たうえで住宅を売却する方法です。

また、家をリースバック会社に売却し、その後その会社と賃貸借契約を結ぶリースバックという方法を行うと、自宅の売却後も変わらず住み続けることが可能です。

リースバックを行うことによって、まとまった売却資金で住宅ローンの返済を行うことができ、さらには自宅から引っ越しを行う必要がなくなるなどのメリットもあります。

そのため、住宅ローンに悩んだ際には任意売却とリースバックを行うのがいいといえるでしょう。

 

まとめ

今回は、住宅ローンが払えなくても家を売る方法についてご紹介させていただきました。

住宅ローンの支払いに悩む方は非常に多くいらっしゃいます。

特に支払いが困難になった場合は、どのように対応するべきか分からないものです。

ご紹介させていただいた任意売却とリースバックを行うことによって、問題の解決になる可能性があります。

そのため、早めのタイミングで検討してみましょう。