住宅ローン問題を解決する暮らしの相談窓口 住宅ローン問題を解決する暮らしの相談窓口

相談は無料
相談は無料

0120-281-660受付時間 10:00〜20:00(土日祝可)

住宅ローンが払えない時は自宅を賃貸に出してもいい?について

住宅ローンが払えない時の対応策はいくつかあります。

しかし、対応策を行った場合でも住宅ローンの支払いをしなければ最終的に自宅を失ってしまうため、資金を調達する必要があります。

住宅ローンの支払いが困難な場合、自宅を賃貸に出すことができれば家賃収入で住宅ローンの返済ができると考える方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、住宅ローンが払えない時は自宅を賃貸に出すことができるのかについてご紹介させていただきます。

住宅ローンが払えない時は自宅を賃貸に出せるの?

住宅ローンは自身が住むためのローンであり、金融機関が金利を低くしていることが特徴です。

そのため、原則として住宅ローンが残っている期間は、賃貸に出すことはできません。

しかし、転勤などのようなやむを得ない理由がある場合に限り、銀行に届け出をすることで認められるケースがあります。

一方で、住宅ローンが払えないことを理由に、自宅を賃貸に出すことは認められていませんでした。

しかし、最近ではあらかじめ金融機関から承認を得ていれば、特例として認める金融機関が増えてきています。

つまり、金融機関や住宅ローン商品によって、認められるケースがあるのです。

もしも、住宅ローンの返済のために自宅を賃貸に出したい場合には、金融機関に確認してみましょう。

 

賃貸に出したほうがいいの?

自宅を賃貸に出す場合、さまざまな面で費用が発生します。

例えば、リフォーム代です。

今まで自身が住んでいた家は、そのまま他人に貸し出すことはできません。

賃貸として出す前には、自宅の清掃や環境を整えるためのリフォームは必須だといえます。

他にも、不動産会社に払う管理費なども必要になります。

このようなさまざまな支出によって、思うように収益が得られないという状況に陥る可能性があります。

そのため、住宅ローンが払えない時は自宅を賃貸に出すことはあまりオススメできません。

 

自宅を賃貸に出さずに住宅ローンを返済する方法

住宅ローンが払えない時に賃貸に出さずに返済する方法として、任意売却とリースバックをオススメします。

自宅を売却することによって、まとまった資金が得られます。

その資金を返済に充てることによって、住宅ローンを完済することが可能です。

ただし、売却をすると自宅を手放してしまうため、抵抗がある方も多いでしょう。

オススメした方法では、任意売却で自宅をリースバック会社に売却し、その後リースバック会社と賃貸借契約を結びます。

そうすることで、売却後も続けて自宅に住み続けることが可能です。

そのため、住宅ローンを返済することと、自宅に住み続けることの両方を叶えることができるのです。

 

まとめ

今回は、住宅ローンが払えない時は自宅を賃貸に出すことができるのかについてご紹介させていただきました。

以前とは異なり、住宅ローンが残っていても賃貸に出すことができる場合があります。

しかし、それには相応の費用やリスクがあるため、さらに生活が困窮する可能性が考えられます。

そのため、もしも住宅ローンの支払いにお悩みの場合には、住みながら住宅ローンを返済できる任意売却とリースバックを検討してみましょう。