愛知の方へ!任意売却の際に必要な書類とは!?

「任意売却の際に必要な書類を教えてほしい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
どうしても住宅ローンを返済できず、任意売却を検討する方がいらっしゃると思います。
しかし、任意売却は、人生で何度も経験することではありません。
そのため、任意売却の際に、必要な書類がわからない方が多いでしょう。
そこで今回は、愛知の方に向けて、任意売却の際に必要な書類について、解説します。

□任意売却とは

住宅ローンが返済できなくなった場合に、売却後も住宅ローンが残ってしまう不動産を金融機関の合意を得て、売却することです。
競売とは違い、債務者の意思で売却できるため、債務が残ること以外は、通常の不動産売却と同じです。
そのため、任意売却の方が競売より、高い金額で売れます。

□任意売却の際に必要な書類

*初めて相談に行く際

初めて相談に行く際は、的確に状況を把握することが大切です。
そのため、以下の書類を用意しましょう。

・購入時の書類一式
土地、建物の広さ、築年数などがわかる書類を用意しましょう。
売買契約書、重要事項説明書、間取図なども用意しましょう。

・債権者からの通知書
借入状況や滞納状況がわかる書類が必要です。
そのため、住宅ローンの返済ができなくなった際に送られてきた督促状や催告書などを用意しましょう。

*媒介契約の際

任意売却を始めるために、不動産会社と専属専任媒介契約をします。
そのために必要な書類は、以下の通りです。

・債権者からの通知
相談に行く際に、持って行った書類と同じものが必要です。

・ハンコ
ハンコは、シャチハタ以外のものを用意しましょう。

*決済まで

不動産売却には、さまざまな書類が必要になり、1つでも書類がないと任意売却を前に進められない可能性があります。
そのため、面倒であっても、書類の用意は早めに行いましょう。

・購入時の書類一式
・実印
・印鑑証明書
・権利書

*その他

当然、身分証明書も必要なため、運転免許証やパスポートなどをコピーしておきましょう。
また、住宅の写真があると、話が進めやすい場合があるため、各部屋や外観などを撮影しておくことをおすすめします。

□まとめ

今回は、愛知の方に向けて、任意売却の際に必要な書類について、解説しました。

当社は、主に任意売却に特化した不動産仲介業です。
お客様の「現状の生活状況」と「この先どのような生活をされたいのか」を私どもが伺います。
相談内容に精通した先生へ事前に相談した上で、お客様を先生方へ繋ぐことで解決が図れるように心がけています。
興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。