自宅がオーバーローン状態の最適な問題解決方法とは?

オーバーローンというのは、残っている住宅ローンに対して所有している物件の価値が低くなってしまった状態のことを言います。住宅ローンは自宅購入時に金額が決定されるもので、その後自宅の価値が低くなっても住宅ローンは一定のままなので、誰しもがオーバーローンになるリスクがあります。

オーバーローンの事例


例えば、自宅の住宅ローンが1,000万円残っていたとします。
この自宅を売却した場合に1,000万以下の価格しか付かないとき、この住宅は「オーバーローン状態」であると言います。逆に自宅売却価格が1,5000万円だった場合は500万円の利益ができことになります。このようにオーバーローンではない状態のことを「アンダーローン状態」と言います。

オーバーローン状態での自宅売却


一般的な売却の場合、オーバーローン状態であれば売却する際に、手元から不足資金を捻出する必要があります。逆に言えば、不足資金を充当することができれば不動産は売却できます。不足資金については手元から出す他に親族からの贈与などの方法もあり、銀行からの使い道が自由な融資の中で補填することも可能です。

不足金が捻出できない場合

すでに住宅ローンの返済が苦しくて、不足金を補填するどころか生活が困難になっている方にとっては、不足分を捻出しなくても不動産を売却することのできる「任意売却」という選択肢があります。

任意売却とは


任意売却とは、住宅ローンなど滞納のある不動産をできるだけ高く売り、借金を減らすための方法です。 住宅ローンが払えなくなった時に、住宅ローンを借りている人(=債務者)と、金融機関(=債権者)との話し合いの元、不動産業者が間に入って市場価格に近い価格で家を売却する手続きのことをいいます。

競売になる前に


住宅ローンの返済が滞り、約半年経つと代位弁済がされると債権が保証会社に移り、残債の一括返済を要求されます。この際に支払いに応じないと裁判所から担保不動産競売開始決定通知書届き、なおも放置していると自宅が競売物件として落札され、立ち退きの強制執行が行われます。この一連の流れは1年以内で行われます。自宅が競売になる前に自宅売却をお考えでしたら任意売却をお勧めします。

名古屋の任意売却専門会社ライフリノベーション

株式会社ライフリノベーション
弊社ライフリノベーションは任意売却に特化した不動産仲介業者です。
弊社はお客様の求めるより良い先を共に見つけていくことを心がけています。
お客様の思いは十人十色です。私どもはその思いに沿ったご提案をすることをお約束します。
ご相談者様の声はこちら
当社『ライフリノベーション』について