住宅ローンが不安な方必見の考え方について


夢のマイホームの購入を検討する時に、一番気になることは住宅ローンの支払いです。
今は問題なくても、将来的に万が一のことが起こった場合を考えると、不安に感じてしまうでしょう。
住宅ローンが支払えなくなった場合にどんなことが起こるのか、そうなった場合の対策方法について知ってるだけでも、不安な気持ちが薄れるかもしれません。
そこで、今回は住宅の購入を検討されている方に向けて、住宅ローンが払えなくなった際の対策方法をご紹介させて頂きます。

住宅ローンにまつわる不安点

住宅を購入する場合は、最長で35年の計画でローンを組むことができます。
しかし、35年も経つと今現在と状況が大きく変わることは当然のことです。
その状況の変化には、病気や怪我による収入の減少や、自然災害の発生なども含まれます。
万が一、何かしらの事情により住宅ローンの支払いが困難になった場合には、自宅を手放してしまう可能性があると、考える方もいらっしゃいます。
こうした不安は、なかなか払拭することができません。
住宅ローンの支払いができなくなった場合の対処方法を知っておくと、リスクを回避することもできます。

住宅ローンが払えなくなるとどうなるの?

住宅ローンを滞納した場合、催告状や督促状が届き始めます。
そのまま滞納を続けると、住宅ローンを一括で支払うことが要求されます。
一括で請求された住宅ローンを支払うことは、なかなか難しいものです。
住宅ローンの支払いができない場合は、債権者が保証会社に変わり、最終的には競売の申し立てが行われます。
競売が完了すると、強制立ち退きが行われ、家を追い出されてしまうのです。
このように、住宅ローンの支払いの延滞を続けていると、自宅を失ってしまう恐れがあるのです。

住宅ローンが払えなくなった場合に備えましょう

住宅ローンの支払いが困難になった方の中には、任意売却やリースバックという選択をする方も多くいらっしゃいます。
任意売却とは、金融機関に承諾を得て自宅を売却する方法です。
また、売却相手を親族や投資家にして、売却後に賃貸契約を結んで住み続けることをリースバックといいます。
家賃の支払いが発生しますが、売却時にまとまったお金を手に入れることができます。
さらに、数年後経済的に余裕ができた際は、売却した自宅を買い戻すことも可能です。
このような対策法を、住宅ローンの支払いが困難になる前に、事前にチェックしておきましょう。

まとめ

今回は、住宅ローンが払えなくなった際の対策方法をご紹介させて頂きました。
住宅を購入する際に将来のリスクを考えてしまい、不安になってしまう方も多くいらっしゃいます。
しかし、リスクだけではなく万が一の際の対処方法にも目を向けることで、考え方が変わるかもしれません。
これから自宅の購入を検討される方は、まずは任意売却やリースバックについて調べてみてはいかがでしょうか。