任意整理の手続きとは

借金問題を抱えていて、どうしたら良いかわからない状態の方に『債務整理』という選択肢があります。債務整理とは、借金の額を減らし、重い金利負担から解放される手続きのことです。法律の専門家に相談しながら借金を整理することで現状を改善していく方法です。

債務整理にも色々な種類があり、「任意整理」、「特定調停」、「個人民事再生」、「自己破産」の大きく4つの種類に分けられます。これらの大きな違いは裁判所が話し合いの間に入るか否かになってきます。

今回は債務整理のおける任意整理の手続きについて解説します。

任意整理とは?


債務整理のなかで比較的債務の額が小さい場合によく利用されるのが任意整理です。
裁判所を介さずに、専門家などが直接債権者と交渉し、借金の返済額や返済方法(月々の分割払い方法など)、借金自体の金額を見直す手続きです。任意整理の特徴としては、利息を払い過ぎている場合に返還の交渉もできる点です。

任意整理のメリット

任意整理を専門家に依頼すると、すべての返済が一時的にストップします。この期間に返済への計画を立て直すこともできますし、精神的な安息を得ることもできます。貸金業者との交渉しだいでは、返済負担が大幅に軽減される可能性があります。その上、将来の利息が減額されるため、元本と利息を合わせた月々の返済額が減額され、返済の負担が軽減されます。

任意整理のデメリット

任意整理の手続き後、信用情報機関に名前が登録されてしまうため、一定期間新しいクレジットカードを所有したり、キャッシングすることができなくなります。しかしお金を借りれなくなることで、借金癖が治る良い機会とプラスに考えることもできます。

任意整理にかかる費用


任意整理にかかる費用とは、いわゆる弁護士事務所や司法書士事務所などの専門家に支払う費用のことです。したがって、費用は一律で決まっているわけではありませんが、相場は1社の依頼に対して3〜4万円程と言われています。
業者を探す際は、事前に見積もりをしてくれて、費用の分割払いが可能かどうか確認しましょう。その上、追加費用が発生しないかどうかという点も非常に重要です。さらに手続き後のアフターサポートも充実していて、きちんと寄り添ってくれる業者なのか判断した上で決めましょう。

お読みいただきありがとうございました。
・当社『ライフリノベーション』について
・借金問題を解決されたご相談者様の声はこちら