自己破産のデメリットとは

自己破産とは、自分の所有している財産を失う代わりに、抱えている借金をすべて帳消しにする手続きのことです。自己破産の手続きをした後、新たに得た収入や財産は本人が自由に所有できますので、十分新しい生活をスタートさせることができるのです。
自己破産のメリットはこちら

ここだけ聞くと、借金を帳消しできる制度として、メリットの方が多いようにも思えますが、今回は自己破産手続きをすることで生じるデメリットについて解説しています。

自己破産のデメリットとは


◆財産を失ってしまう
自己破産をすると債務支払い義務なくなる代わりに、財産を失ってしまいます。
基本的に現金、預貯金、車、不動産、積立式の保険など原則20万円以上のものは全て没収されます。

◆官報に記載される
住所氏名が、「官報」という国が発行する機関紙に掲載されます。
とはいえ、一般人が目にすることはありませんので、官報を通じて自己破産が周囲に知れ渡ることは少ないと言えます。

◆カードの発行やカードローン利用などが一定期間できない
自己破産手続き後、7年〜10年間はクレジットカードの新規作成、ローン、キャッシングができなくなります。これは信用情報機関のデータベースの履歴に自己破産記録が残ってしまうためです。いわゆるブラックリストに載ってしまいます。

◆職業制限がある
生命保険や銀行など金融を取り扱う職業や公務員、弁護士,公認会計士,弁理士,司法書士,公証人,不動産鑑定士など末尾に「士」とつく職業には一定期間就けなくなります。

◆連帯保証人を巻き込む
連帯保証人がいる場合に自己破産すると、借金が連帯保証人のものになります。
そのため、自己破産する場合は、連帯保証人も同意の上で、同時に自己破産するケースが多いようです。自己破産する場合には、事前に必ず連帯保証人に相談し、同意を得た上で手続きを進めましょう。

以上、自己破産をする上でのデメリットと言われています。

詳細については弁護士をご紹介致しております。
お気軽にご相談ください。

お読みいただきありがとうございました。

参考:
ライフリノベーションについて
・お金の問題を解決されたご相談者様の声はこちら