家を売却したが残債がある場合の解決方法

引っ越しや離婚などの様々な理由で、家を手放さなければならないことがあります。

家を手放す際は、仮に住宅ローンの支払いが途中でも家を売ることができます。

しかし、家の売却価格が住宅ローン残高よりも低いオーバーローンの場合は、残債をどうすれば良いのでしょうか。

実は、残債がある場合の解決方法は、1つではありません。

そこで今回は、家を売却しても残債があるオーバーローンの場合の解決方法をご紹介します。

 

貯蓄

家を売却する際に、売却価格がローン残高に届かない場合は、残りの残債を貯蓄から支払うことで売却できます。

しかし、家を売却するということは、次の住まいへの引っ越しが発生します。

そのため、引っ越し費用や新しい住まいの環境を整える費用が必要です。

貯蓄から残債を支払う場合は、次の住まいのことを念頭に入れて、慎重に検討しましょう。

 

住み替えローン

マイホームを買い替える場合は、今の住宅ローンと新しい家の住宅ローンをまとめる住み替えローンを利用できます。

ただし、住み替えローンを利用するためには、住宅を新たに購入する、住宅ローンの残債がある、これまでに住宅ローンの支払いを遅延したことがない、という条件があります。

また、住み替えローンは購入した住宅の価格より高い金額を借り入れるので、金利が高くなり、審査も厳しくなるのです。

住み替えローンを利用する際は、売却する住宅の引き渡し日や新しい住宅に住むスケジュールを管理する必要があるので、経験豊富な不動産会社に依頼しましょう。

 

任意売却

貯蓄からの支払いや住み替えローンが難しい場合は、任意売却を検討してみましょう。

任意売却とは、売却後も住宅ローンの残債が残ってしまうケースにおいて、金融機関の合意を得て住宅を売却する方法です。

任意売却では、競売とは異なって市場に近い価格で売却できる上に、残った住宅ローンは分割で支払うこともできます。

 

まとめ

今回は、家を売却する際に残債がある場合の解決方法をご紹介いたしました。

家の価値は下がることもあるため、売却価格よりも住宅ローンの残債の方が多いケースは、少なくありません。

住宅ローンの残債の解決方法は1つではないため、自分の生活に支障が出ない方法を選択しましょう。

また、住み替えローンや任意売却は専門的な知識が必要になるため、専門家に相談するとスムーズに手続きを進められます。

住宅ローンの残債がある場合でも、1人で悩まずに専門家に相談してみましょう。